ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】男性の不妊検査をする・しないで治療費に差が出るリスク

男性不妊を知らずに……お金も時間もムダになりかねない

男性の詳細な不妊検査をしないまま、女性だけ不妊治療を受けているケースは決して少なくありません。このケースではお金も時間もムダになりかねないのです。

たとえば女性が32歳で治療を始めて、体外受精まで進んだが2年、3年ほど経っても授からない。そこで男性がより詳細な検査を受けると精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)がみつかった、といった場合。治療費の額を考えてみてください。体外受精の費用は1回60〜100万円以上かかります。1回で授かれば60〜100万円のところ、3回すれば少なくとも200万近くかかるわけです。最初から男性不妊に詳しい医師の元で検査を受けていれば、この場合であれば先に精索静脈瘤の手術をしていれば、3回も体外受精を繰り返さずに済んだかもしれません。もしかしたら、タイミング治療や人工授精で妊娠が可能だったかもしれません。

また、不妊クリニックの中には精子の質に問題があるとわかっていても、顕微授精でなんとかしましょうという医師が少なくありません。私の相談者さんには顕微授精を数回行なって、300万円使ったとご夫婦がいました。もっと早くに男性不妊専門の医師を訪ねていれば……とおっしゃっていました。

しかし失うのはお金だけではありません。お金よりもっと貴重なのが時間です。

30代半ばになると妊娠率は低下します。体外受精の成功率も低下し始めます。仮に32歳の時点で体外受精をしていれば1回で授かった可能性が高かったところが、35歳では2回、3回と試みることになりかねません。お金はなんとかできても、過ぎた時間は取り戻せません。そうした後悔をしないために、はじめに男性も検査する必要があります。

検査に行く、行かないで意見が合わない場合も……。

賢人のまとめ

不妊治療を始めるなら、男性側もあらかじめ詳しい不妊検査をするのが鉄則です。男性側のトラブルがあるのに、それを知らずに治療をしても、有効でないばかりか治療費、何より時間がムダになりかねません。検査を渋る男性には費用面のリスクも伝えましょう。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。