ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】男性の不妊検査はどこで受けるのがベター?

妊活中の皆さん、パートナーの不妊検査はお済みですか?男性側の理由による不妊が約半数といわれていますが、不妊検査を受けたがらない男性もいます。検査結果次第では、治療方法も治療にかかる費用も、そして時間にも大きな影響が出かねません。前回に続き、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんから、男性不妊検査の現状をうかがいました。

知ってる?男性の不妊検査も保険適用される

もし初めから男性側に原因がありそうだとわかっていれば、その治療をしなくてはなりません。たとえば精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)があるなら手術して取り除くことで、精子の質は改善が見込めます。

精索静脈瘤でなくても、男性の場合、生活習慣や食事内容、酒、たばこ、運動習慣などなどの要素で精子の質は微妙に変化し、悪化したり、改善したりすることがあります。ですから初期段階で精子の質に問題があるとわかれば、打つべき手はいろいろあるはずです。

たまに不妊検査が自己負担で、高い費用がかかると思っていらっしゃる方がいますが、基本的な不妊検査は女性も男性も保険適用されています。

問題は、男性の詳細な不妊検査ができる医療機関や男性不妊専門医が少ないことだと思います。

男性不妊検査は専門医を探して

では、男性の不妊検査はどこで受けたらいいのでしょう?なんていうことは本来、男性が調べて考えればいいことなのですが。この記事では、検査に行きたがらない/行こうとしない夫を想定して話を進めます。

男性の詳細な不妊検査は、男性不妊を扱っている泌尿器科もしくは不妊クリニックで行ないます。その際、男性不妊の専門医がベストです。検査結果に何か問題がありそうだとなった場合に、さらに詳しく検査できるからです。

近所の泌尿器科を受診する場合は、男性不妊の検査が可能かどうか必ず確認してから受診することをお勧めします。泌尿器科でも男性不妊に関しては取扱いのある場合と無い場合がありますので、注意が必要です。

一般的にはまず精液検査を行ない、精子の数、運動量、奇形率などを調べます。問題が見つかった場合は、さらに超音波エコーでの検査、ホルモン検査、染色体検査などを行ないます。こうした詳しい検査はそれなりの設備のあるクリニックと、腕を持った医師がいないとできません。

検査の種類によっては保険適応外のものもありますので、気になる場合はクリニックに確認しましょう。

1 2