ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】「緊急事態宣言」のなか、不妊治療はどうなる?どうする?

4月1日に一般社団法人日本生殖医学会から、新型コロナ感染症(COVID-19)に対する声明が発表されました。妊活についても注意が必要になってきました。すでに不妊治療を受けている人、特に体外受精のステップに入っている人にとっては無視できない声明です。その内容を踏まえて、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんからアドバイスをいただきます。

今、妊娠することのリスクについて

4月7日に1都7県に緊急事態宣言が発出されましたが、日本生殖学会は4月1日の時点で、声明を出しています。その中で妊婦が負うかもしれないリスクを指摘した上で、不妊治療についても言及しています。

【妊娠することのリスク】について簡単にまとめます。

・COVID-19が妊婦、妊娠初期の胎児に及ぼす影響は明らかでないとし、母体から胎児への感染の可能性も不明です。

・一方で、妊婦が感染した場合、重症化の可能性が指摘されています。

・現在、COVID-19の治療薬として試行されている薬に妊婦に禁忌の薬剤が入っているため、開発されたとしても妊婦に使用することはできません。

・通院、受診や医療行為にともなう感染リスクもあります。

以上のことから、不妊治療の医師に対して「国内でのCOVID-19感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できるCOVID-19予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者に推奨してほしい」と述べています。ひとことでいえば、不妊治療の延期を推奨するということです。

とはいえ不妊治療は年齢との勝負。残念ながら時間は止まってくれません。また、感染の流行状況も地域によって様々です。今、自分にとって必要な選択肢は何なのか?を一人一人が考えていく必要があります。

妊娠後は上記に挙げたリスク以外にも、里帰り出産を考えている場合は感染拡大地域から受け入れは可能なのか?という点も考慮しなければなりません。それ以外にも、さまざまな制限があり得ることを承知の上で妊娠を考えていく必要があります。

1 2 3