ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】コロナ禍の今、妊娠することのリスクとは?

里帰り出産がむずかしい状況になってきています。妊活の先の先の話ではありますが、今、妊活中の方、これから妊活を始めようと考えている方は「妊娠にともなうリスク」をしっかり知り、向き合う必要があります。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんにうかがいます。

どこで出産できる?産み場所の確保がむずかしい

4月初めに日本生殖学会が発表した声明で、「国内でのCOVID-19感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できるCOVID-19予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者に推奨してほしい」とされていることについて、不妊治療界ではいろいろな反応、意見があります。

ただ、これは不妊治療で妊娠する人だけに限った話ではありません。自然に授かった、自己流の妊活で授かった人にも同様のリスクがあります。

今、妊娠すること、妊婦には平時とは異なるリスクがあります。これについて、ぜひ知っておいていただきたいと思います。

すでに里帰り出産が難しい状況です。

4月23日に、危惧した事態が起きました。都市部から所要で帰省していた臨月間近の妊婦さんが破水し、病院に向かったのですが、新型コロナ感染リスクをおそれた病院から受け入れて貰えなかったのです。結果的には別の病院でPCR検査の結果を待って帝王切開で出産できたのですが……平時であれば移動先で何かあってもここまで受け入れに頭を悩ます事もなかったでしょうが、新型コロナウイルスの流行下では他の入院患者さんの事も考えれば慎重にならざるをえなかったのでしょう。こういうことは今後も起こりえます。

里帰り出産については、受け入れ先の病院が、「妊婦さんが帰省してから2週間、自宅待機し、症状が出なかったことを確認したあと受け入れ」といったルールを敷く病院が増えています。現在、臨月間近の妊婦さんは急いで帰省する必要があります。クリニックによっては「妊娠〇〇週に受診できるようにその2週間前には帰省していてください」と指示されているところもあります。

しかし今後、こうした受け入れがいつまで可能なのかわかりません。もうすでに新規の里帰り出産の予約に関しては受け付けてないところもあるでしょう。半年後、1年後、事態が落ち着いているのかどうかわかりません。悪化している可能性も考えなくてはなりません。「里帰りできない」事態も十分考えられます(ここでは現在感染者の多い都市部から比較的少ない地方への里帰りを前提にしています)。

そうなると、妊婦さんは都市部の病院での出産を選ばなくてはなりません。都市部の病院は今どこも非常時で、余裕がありません。そこに加えて、平時なら里帰り出産していた妊婦さんが集中するのです。出産する病院の確保が難しいということです。

私の近所の数少ないNICUを備えた総合病院でも院内感染が発生し その科では医療スタッフの自宅待機に伴い新規受け入れが出来ない状態になっていました(今は徐々に通常受け入れに戻っているようです)。産科やNICUで起こった事ではありませんでしたが、こうした事態が、いつどこでどの科で起きてもおかしくありません。

1 2