ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】35歳既婚、“ふわっとした気持ち”で不妊治療を始めてもいいのでしょうか?

35歳でバリバリお仕事中、妊活前の方からのご相談をいただきました。

「35歳で既婚です。そろそろ子どもを作るか作らないかの瀬戸際だと思っているんですが、妊活をするほどの意欲はありません。授かれば産むというスタンスなのですが。ただ、周りの諸先輩方から“そんなラッキーは待っているだけ無駄。ホンキでほしければ今すぐ動け”と言われています。 ご縁があれば……というような、ふわっとしたものでは、だめでしょうか? 」(メディア会社勤務・Nさん・35歳)

認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに、アドバイスをいただきました。

「何人、欲しいか」で初動が変わる

35歳を過ぎているので、そろそろ妊活を始めたほうがいいかどうか迷っているというご相談ですね。35歳とは妊娠率が明らかに下がり始める年齢で、Nさんのようなご相談はけっこう多いです。不妊治療について調べ始めるのもこの年代が多かったり。よって、このご相談内容は多くの示唆を含みますので、数回に分けてお応えしていきます。

まず、Nさんのケースの大きな特徴は「どうしても子どもがほしいという強い意志はない」ということです。「ご縁があればというような、ふわっとしたものではダメでしょうか?」と書かれていますが、 そういう“軽い気持ち”で妊活を始めてもダメでしょうか?という意味ですよね。

妊活の意志を軽いか重いか判断するのは、実はむずかしいことだと思います。だれにとっても、それは初めてのことだからです。

35歳ということですので、まず「何人、欲しいか」が重要なポイントです。「1人でいい」場合と、「2人、できれば3人ほしい」の場合では初動が違ってくるからです。昨今では、30代後半でも複数の子どもを望む人が増えています。もちろんハードルはそれなりに上がりますが、不可能ではない時代です。

1 2