ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】35歳からの妊活、5年後のビジョンを想像できますか?後悔しませんか?

子どもをつくる、つくらないを考えると、「ゲッ!今が瀬戸際?」と迷える35歳、既婚者からのご相談です。

「35歳で既婚です。そろそろ子どもを作るか作らないかの瀬戸際だと思っているんですが、妊活をするほどの意欲はありません。授かれば産むというスタンスなのですが。ただ、周りの諸先輩方から「そんなラッキーは待っているだけ無駄。ホンキでほしければ今すぐ動け」と言われています。 ご縁があれば……というような、ふわっとしたものでは、だめでしょうか? 」(メディア会社勤務・Nさん・35歳)

「この種のご相談、とても多くいただきます」と話す認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんからのアドバイス、第3回です。第2回はこちら

5年後の自分を想像して決める

Nさんは35歳ですから、お仕事も働き盛りでしょう。妊活を始めて、はじめのタイミング法でうまく授かればそれこそラッキーです。しかし、不妊治療を始めるなら、通院が必要になります。タイミング法、人工授精で何らか区切りが付けばいいですが、体外受精までステップアップするとなると、治療期間はトータル1〜3年に及びます。さらに妊活が成功した次には出産、育児が控えています。保育園に預けられるかどうかによっては職場復帰の時期が半年ほどズレることも想定しておかなければなりません。体外受精までするなら十分な貯金も必要です。

このように妊活に入る前に考えておきたいことは、けっこうあります。Nさんが35歳で瀬戸際だという意識をお持ちなら、まず、「本当に子どもがほしいのか?」とご自身の本心としっかり向き合うこと、子どもを望む気持ちの本気度を考えてみることをおすすめします。本気度の中には、出産後の子育てに対する意識も必要です。

ただ一方で、それに答えを出すのは難しいこともわかります。多くの人は子どもが欲しいかどうか、事前に真剣に考えることなく結果が出ます。真剣に考えろといわれても……というのが、率直なお気持ちでしょう。

ひとつの目安としてですが、たとえば妊活を始めず、不妊治療をせず、子どもを授からないまま5年後を考えてください。現在35歳ですから、40歳を前にしてそのとき「後悔しない」と思えるかどうか?あせらず、素直に想像してみてください。

1 2