ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】35歳、不妊治療を始めます……“フワッとさん”が選ぶべき不妊クリニックは?〜その1~

前回、35歳・既婚の働く女性Nさんから、「そろそろ妊活をしたほうがいいかもしれないと思うけれど、授かれば産むというスタンスで、そんなフワッとした気持ちで妊活を始めてもいいのでしょうか?」というご相談に、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんが答えてきました。このようなフワッとした女性が、不妊治療に踏み切る際の注意点をアドバイスしてもらいました。

不妊専門のクリニックを選ぼう

35歳は妊娠率が下がり始める年代です。それはわかっていても、いざ妊活を始めようとするとどうしていいかわからない、気持ちがついていかないという女性はいらっしゃいます。Nさんのように妊活や子どもに対してそれほど切迫感のないフワッとした方が、それでも不妊治療を受けると決めたなら、それはそれなりの決心をされたものと思います。仕事をバリバリされている方の中には、たとえ仕事優先でも、一度「やる」と決めるとてきぱきと情報を集め、効率よく妊活に励む方も少なくありません。

まず、不妊治療を始めるなら、不妊専門のクリニックを探してください。産婦人科や婦人科ではなく、不妊専門のクリニックです。35歳という年齢からすると、時間的にあまり悠然とした治療計画を立てている余裕はありません。検査を受けてすぐ治療に入れる、検査結果に合わせた治療計画を立てられるという点でも、不妊専門クリニックのほうに利があります。

都心であれば選択肢もかなり広がると思いますので、選ぶポイントを述べます。

●検査がしっかりできるかどうか
ホルモン値、AMH(卵巣年齢)、卵管検査など、ひととおりの検査ができるクリニック。

●男性不妊の検査をしっかりとしてくれるかどうか
可能であれば、男性不妊専門の医師の外来が設定されているクリニックを選びましょう。

もし、男性不妊専門の医師の外来がないクリニックであれば、「男性不妊がわかった場合、どのような治療方針になるのですか?」と質問してみてください。中には、男性不妊専門のクリニックを紹介しますと言われるクリニックもあります。避けたいのは「とりあえず顕微授精をしてみましょう」と勧めてくるクリニックです。

1 2