ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】35歳、不妊治療を始めます……“フワッとさん”が選ぶべき不妊クリニックは?〜その2~

「そろそろ妊活をしたほうがいいかもしれないと思うけれど、授かれば産むというスタンスで、そんなフワッとした気持ちで妊活を始めてもいいのでしょうか?」(35歳・既婚/メディア企業勤務)のご相談。このようなフワッとした女性が不妊治療に踏み切る際の注意点を、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんにうかがってきました。前回はこちら。今回は、ちょっと気が早いかもしれませんが、体外受精まで見越したクリニック選びをする時に参考するべきアドバイスをいただきます。

体外受精の実績のあるクリニックを

35歳という年齢を考えると、たとえ今はその気はなくても、体外受精という選択肢を考えておいたほうがいいと思います。30代前半であれば、体外受精にステップアップする際に転院という方法もありますが、転院すると半年ぐらい時間をロスすることになりかねません。はじめから体外受精の実績があるクリニックのほうが安心です。

少し先の話になりますが、体外受精には、なるべく自然妊娠に近いように薬をほとんど使わない、もしくは最小限しか用いない「自然周期派」の医師と、なるべく卵子をたくさん採るために積極的に排卵誘発剤薬を投与する「高刺激派」に分かれます。そして、その間に「低刺激」という選択肢があります。

一般論になりますが、35歳という年齢を考えるなら最初は高刺激も低刺激も選択できるクリニックのほうが向いていると思います。なぜなら自然周期では卵子は1〜2個しか採れません。体外受精の場合、1〜2個では妊娠の可能性が低く、1個の良好な胚盤胞を手に入れるのには13個必要だというデータもあります。

1 2