ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】40歳を前に“決断できない”人にありがちなパターン

お仕事バリバリがんばってきて、ふと気がつくと40歳が目の前。子ども、どうしようかな……。突如訪れる子どものいない人生への不安。自然妊娠の可能性が下がるなか、考えるのは不妊治療ですが……このパターン、とても多いそうです。また、ここでグズグズする人も多いそうで……認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに聞いてみました。

「40代でも妊娠できる」説に気をつけて

30代後半に入ると妊娠率は下がります。私の相談者さんも30代後半からの方が多いですね。40代を目前にして、初めて子どもについて考える女性や夫婦が少なくないのです。最近は芸能人など有名人が40代で出産するニュースが、パーッとネットで広まります。それが続く中で、なんとなく「40代でも出産できる」「不妊治療をすれば妊娠できる」というイメージができつつあるように感じます。

しかし一方で、30代後半〜40代で不妊治療を行ないながらも妊娠されなかった方がたくさんいらっしゃいます。むしろ、そちらが多数派と申し上げていいでしょう。40代での妊娠、出産はまだまだ少ないラッキーであるのが現実です。

以上を踏まえてもらった上で、40代を前に不妊治療の相談をされてくる方に、私は「早い段階で体外受精へのステップアップを考えること」をアドバイスしています。

40歳、体外受精をするかどうかで悩んで1年

40が目前になって妊活を始める、仕事を優先していたら気づいたら40歳目前になっていた—–そんなご夫婦の傾向として、夫婦の自由を優先したいタイプや、金銭的余裕がなく子供を持つことが考えられなかったなどが多いように思います。また、どうしても子どもが欲しいというわけでもない、だから妊活のスタートが遅くなってしまったのです。ただ、年齢的なリミットを目前にすると、急に子供を持つことに焦りだす人も少なくありません。

そんなタイプのAさんと、40歳のときに初めてお会いしました。40代に入ると採卵そのものが大変になるかもしれないので、「早めに体外受精を考えたほうがいいですよ」とアドバイスをしました。

1年後、Aさんからまた相談がありました。体外受精の治療法についてのご相談かなと思ったのですが、Aさんはまだクリニックを探している段階で、いくつかのクリニックで検査は受けたものの、そこで立ち止まってしまい治療を受けられていませんでした。1年をクリニック探しに費やしたと聞いて、私はビックリしました。40代になってからの1年は大きい!大きすぎると思いました。

いったい何が、40代を迎えたAさんをそれほど迷わせるのでしょうか?

お話をうかがってみると、ひとつは経済的な理由でした。体外受精の費用は少なくとも1回あたり60万円はかかりますから、余裕を見て100万円ほど貯蓄しておかなくてはなりません。そこがネックになっていたようです。

40代になるとホルモン値が下がります。排卵誘発剤を使った高刺激治療を行なっても採卵できないことがあります。この場合、採卵できなくても治療費は高額なものになります。資金が1回の治療で尽きてしまうこともあり得ます。

そこで、私はAさんに費用が比較的かからない低刺激のクリニックへの転院をおすすめしました。ところが、また新たなカベに当たりました。

1 2

Ranking

Information