ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】「保険適用」になるまで体外受精を待ったほうがいいですか?

絶対、待って欲しくない年代

はじめに、保険適用になるかどうかを待って欲しくない年代を上げますと、30代後半、つまり35〜37歳で、まさにこれから不妊治療を始めようと考えていらっしゃる方は、待たないでいただきたいなと思います。

35歳を過ぎると、女性の妊娠率は一気に下がります。不妊治療すると決めたなら、すぐに着手してほしいものです。タイミング法、人工受精というステップは今のところ保険適用うんぬんという話もないようですし、そもそもタイミング法は一部の薬剤を除いて保険適用内で受診が可能です。

35歳を超えてからの1年は、妊活にとって貴重な時間です。治療を遅らせて「あのときの1年が」とあとで後悔するのは、もったいなさすぎる時間です。

アラフォーの方も同じです。待っている時間の方がはるかに貴重です。

不妊治療の公的保険適用、早く拡大してほしい!

賢人のまとめ

公的保険を体外受精、顕微授精などへ拡大するかどうかの検討が政府で始まるようです。現段階では、本当に保険適用になるのか、なってもいつ施行されるのか、わかりません。体外受精を考えている方は、保険適用になる日を待ったりせず、計画通り治療を進めたほうがよいと思います。特に30代後半以降の方は、今この一年が貴重です。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。