ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】番外編|緊急避妊薬(アフターピル)の受け取り方法を知っていますか?

働く堅実女子のみなさん、イザという時の緊急避妊薬についての知識にぬかりはありませんか?最近は、「ドラッグストアで買えるように!」と要求するキャンペーン活動も見られるようになってきました。妊活診断番外編として、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに「女性ならだれしも知っておくべき」緊急避妊薬について聞きました。

100%避妊できるわけではありません

緊急避妊薬はアフターピルとかモーニングピル、アフターモーニングピルなどとも呼ばれます。ここでは「緊急避妊薬」に統一してお話します。

緊急避妊薬は72時間以内に飲むと効果があるとされています。ただし、できるだけ早いタイミングで飲むに越したことはありません。

日本産科婦人科学会が発表しているデータによると、「ノルレボ」という緊急避妊薬の場合、「妊娠阻止率」は24時間以内なら95%、48時間以内85%、72時間以内58%となっています。100%避妊できるわけではないことは、ぜひ知っておいてください。

日本では、緊急避妊薬はドラッグストアや薬局では買えません。産婦人科など指定を受けている病院で処方してもらわないといけません。どの医療機関で処方してもらえるのか確認しておきましょう。「厚生労働省 緊急避妊に係る取組について」というページに、各都道府県の施設情報が載っています。

オンライン診療でも処方が可能

現在はオンライン診療も可能です。近くに処方してくれる病院がなかったり、あってもすぐに受診できなかったりするケースでも、スマホで連絡が取れるようになりました。

オンライン診療を受け付けている医療機関についても、「厚生労働省 緊急避妊に係る取組について」に情報が載っています。

オンライン診療の場合は、どこの医療機関に電話してもかまいません。たとえば滋賀県在住者が、九州に知っている産婦人科があるという場合、そこがオンライン診療できる医療機関であるなら、電話して薬を処方してもらうことができます。その場合は、薬を宅配で送ってもらいます。配達に1日かかることを忘れずに。

オンライン診療のほうが使い勝手がいい場合もあります。

たとえば金曜の夜、避妊に失敗してしまったという場合。近所の産婦人科の受診時間はすでに過ぎ、受診するには月曜朝まで待たなくてはなならい、といったケースです。服用のタイムリミットは月曜夜ですが、これでは48時間以上は経ってしまいます。

それに対して金曜夜、すぐにオンライン診療を受け付けているクリニックに電話して薬を処方してもらえば、土曜の朝に薬を発送してもらえるので、日曜の朝には服用できます。1日、早く服用できるのは大きなアドバンテージです。

ただし、いずれのタイミングで服用した場合も、2週間後に生理が来ないようなら妊娠した可能性があります。妊娠検査薬で確認できたら、速やかに産婦人科を受診しましょう。

1 2