ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】20代から不妊治療って、早すぎますか?

働く堅実女子のための妊活診断、今回は20代の方からの相談案件を紹介していきます。

「20代で子どもが欲しいと思っています。だから、遅くとも28歳までには結婚しようと婚活中です。もし28歳になっての結婚だったら、結婚後すぐ妊活を始めようと思っています。友人からは20代で妊活なんて早いとか、もう子どものいる友人からは1年ぐらい様子見なよ……とか言われますが、20代で妊活ってヘンですか?」(Tさん・26歳/食品メーカー勤務)

20代の妊活について、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに聞きました。

欲しい子どもが1人か2人かで、スタート地点が変わります

妊活診断では、これまで30代以降の方の不妊治療についてお話することが多かったのですが、20代向けの妊活情報も発信していきたいと思っています。

相談者Tさんは26歳。婚活中で、遅くとも28歳までに第1子を出産したいと考えていらっしゃいます。とてもまっとうな感覚だと思います。

20代なら子どもがすぐ出来るという思い込みをしている方も少なくありません。世の中的にも、そういう雰囲気が漂っているような気がします。しかし、20代だからすぐ出来るとは限らないのです。

Tさんのご相談を読んで、始めに確認しなければならないのは、子どもを何人欲しいと思っているかです。1人でいいのか、2人欲しいのか。これによって妊活のスタート地点の考え方が変わってくるからです。

お子さん1人なら、30歳になってからの妊活でも間に合うと思います。一般論ですが、32歳までに妊活を始めれば、1人授かる可能性が高というデータがあります(もちろん特殊な事情があれば別です)。

けれども、2人、3人欲しいという場合、1人目は20代のうちに出産しておいたほうが無難というとなんですが、安心です。27歳までに妊活を始めるのがベストというデータもあります。ということで、26歳のTさんが妊活を考えるのは、ぜんぜん早くないのです。

1 2