ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】不妊クリニックを転院するとき、紹介状は必要?

妊活を始めたばかりの人にとって、不妊クリニックへ行くこと自体が大きなハードルでしょう。「不妊クリニックを一度受診したら、妊娠するまで通わなければいけないような気がして……」という方もいますが、そんなことはありません。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに聞きました。

不妊クリニックは転院に備えてデータを自分で管理

前回は、相性の合わない婦人科に通い続けることはないというお話をしましたね。不妊クリニックでも同様です。一度、通院を始めたからといって、そのクリニックや先生に義理立てして、相性の悪いクリニックに通い続ける必要はありません。特に都市部であれば、不妊クリニックはたくさんあります。

転院をする際、クリニックから紹介状を書いてもらう必要はありません。ほかの治療であれば(たとえば手術が必要になって町のクリニックから大学病院に転院とか)、紹介状を書いてもらうのが一般的ですが、不妊治療において、それは当てはまりません。

不妊治療は自由診療であり、いわばクリニック同士はライバル関係、競合同士です。よほどの関係がないかぎり、他院にクライエント(患者)を紹介することは、まずないと考えていいでしょう。

他院にクライエントを紹介するのは、体外受精ができない婦人科から不妊専門クリニックに転院する場合や、重度な男性不妊の場合などです。これらの場合でも、患者側から転院について切り出さないと、クリニック側からは提案してもらえない、なんていう場合もあります。

不妊治療は、「お医者様の言う通りに」クリニックの方針に合わせているだけでは、自分の望む治療を受けられない可能性があるのです。そこが他の病気の治療と大きく違う点です。その意味で、不妊クリニックに通院を始めたら、「転院」のことは頭のどこかに入れておくといいでしょう。

転院するに当たっては、それまでそのクリニックで受けた検査結果を受け取っておきましょう。上記の事情から、転院先で再検査になる可能性が高いですが、データは多いほどいいのです。また転院に備え、ふだんから治療内容をご自身で記録しておくことをおすすめします。通院日、治療内容や指示されたこと、処方された薬などなどです。

1 2