ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】不妊治療の保険適用前にしておくべきことは?

体外受精の適用に年齢制限は?

以上、見てきましたように、不妊治療の保険適用については、現段階では20代には若干、選択肢が増えるかなと思います。しかし30代以降の人にとっては、保険適用を待って立ち止まっているわけにはいかないので、現時点ではあまり影響がないかと思います。もっといえば、35歳以上の人にとっては、残念ながら、あまり恩恵を期待しないほうがいいかもしれません。

特に、体外受精の適用については年齢制限がつく可能性が高いです。海外で施行されている保険適用の例を見ても、ほとんど年齢制限がついています。何歳で保険適用が区切られるかはわかりませんが(年齢制限なしになる可能性もゼロではありませんが)、現時点で35歳以上の場合は、2年後、年齢制限で保険適用されない可能性があることも考えておきましょう。

ただし30代でも、2人目不妊、3人目不妊に悩んでいる方や、経済的な理由でいったん子どもはあきらめていたけれど……という人にとっては、活用する余地が出てくるかもしれません。保険適用のニュースを眺めつつ、2年後のことを想像しながら、パートナーと子どもを持つことについて話し合ってみるきっかけになるといいですね。

妊活はパートナーとの意思疏通から。

賢人のまとめ

不妊治療は保険適用されてからと考えている人も、不妊検査に加え、人工受精までは検討してみてください。都市部では体外受精の若い人向けに定額プランを出すクリニックも増えています。この時期に明朗会計のクリニックをしっかり吟味してもいいでしょう。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。著書に『あきらめない妊活〜キャリアと不妊治療を両立させる方法』がある。