ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】男性不妊にはさまざまな情報が飛び交っているけれど…注意点は?

前回(→こちら)、女性向けの妊活ビジネスに注意を呼びかけましたが、男性不妊方面でも、最近はさまざまな情報が飛び交っています。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに、こちらの注意点を聞きました。

まだわからないことも多い男性不妊の原因

女性の不妊治療のめざましい進化と比べると、男性不妊に関しては、まだまだ解明はこれからという段階。わからないことが多すぎることが、さまざまな情報が出回る要因となっています。

これまでは精子の質に問題がある男性に対して、医師は「生活習慣の改善」を求めることが多く、言ってみればそれが男性にできるメインの治療方法であることも事実です。(無精子症や精索動脈瘤など、原因が特定される病気は除きます)。女性のように定期的にクリニックに通って薬を投与する、検査するといった医療行為が乏しく、男性にとって不妊クリニックに通うことは、いまだ高い壁のようです。そこで病院に行かずに手軽に出来る対策として、ついつい簡単に手に入るものに手を伸ばしてしまうのかもしれません。

たとえば、トマトジュース。確かに、トマトジュースと精子の関係に関してはかなり以前から研究されています。トマトジュースの継続的な摂取が、男性不妊患者の精漿中のリコピン濃度を上昇させ、精子の運動率や精液中の白血球数を改善することなど、わかってきていることもある一方、有効であると言い切れるデータはまだ出ていないのが現状です。有効かもしれないし、そうでないかもしれない…。

リコピンは抗酸化物質のひとつですが、たしかに適正範囲であれば体にいいものです。もっとも、それは抗酸化物質全般に言えること。だからといって、「トマトジュースを毎日飲むだけ=精子の質が改善する」とは現段階では言い切れないのです。

トマトのリコピンにしても、シジミの亜鉛にしても、それ自体は体にいいものです。男性だけでなく女性の体にもいいものです。しかしそれだけを毎日摂っていれば精子の質が必ずしも改善すると言い切れるわけではありません。外来で医師に診察してもらい、その上で、プラスで取り入れていくというのは良いと思うのですが。

何よりもそういうものだけに頼ることで、不妊検査を受けになかなか病院に行かなかったり、人工授精や体外受精へのステップアップが遅れたりすることが一番の懸念事項です

前回お伝えした女性向け妊活ビジネスの男性向けバージョンは、こういう状況の中、今後も盛り上がってくるでしょう。

男性も積極的に病院へ。
1 2