ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】ステイホームは食事習慣を見直す絶好のチャンス!

家で調理する機会が増えたこの1年ではなかったでしょうか。主婦の負担増! という指摘もありました。まだまだ続きそうなコロナ禍ですが、これを機会に、あなたの食生活を見直してみませんか? 妊活のプラスになるかもしれません。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんからアドバイスいただきます。

外食ばかりだった人こそ、今がチャンス!

家にいる時間が長く、家で料理する機会が多くなりました。夫がテレワーク中、毎日3度の料理、顔を合わせて食事でウンザリ!! という話も耳にします。

私自身は、家で食事する機会が増えたことをプラスにとらえようと思っています。これまで外食が多かった人、栄養が炭水化物に偏りがちだった人、食事習慣を見直してみるいい機会だと思うのです。

自分の食事だけでなく、夫の食事をチェックするのにもいい機会です。コロナ禍前は昼食、夕食ともに外食で、夫がふだん何を食べているのか知らないという人も少なくないと思います。

特に特定健診でメタボ予備群の指摘を受けている人は、今こそ食事をはじめ生活習慣改善のチャンス! 血圧、血糖、中性脂肪の値が基準を超えるとメタボになりますが、メタボと精子の質にはある程度、相関性があることが明らかになっています。メタボ判定された夫こそ、コロナ禍中に食事習慣を改善するチャンスなのです。

ふだんから唐揚げなどの揚げ物、ラーメン、丼ものが大好き、ビール大好きといった男性、けっこう多いですよね。唐揚げが好きなのはいいのですが、問題は、唐揚げ、ビール、唐揚げ、ビール、シメにラーメン……と、野菜をほとんど摂らないこと。家で食べるのなら、揚げ物の付け合わせに野菜をたっぷり添えておきましょう。ビールの代わりにミネストローネ、の日があってもいいですね。

また、家では安く飲める分、酒量が増えてしまう危険が指摘されています。お酒の好きな人ほど宅飲みには注意してくださいね。

1 2