ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】不妊治療に健康保険適用、助成金アップなどお金のニュースまとめ!

昨年から不妊治療にまつわるニュースがあわただしくなってきました。特に不妊治療への健康保険適用については気になります。その他にも、昨年から不妊治療に関わる制度の見直しや助成金の増額が検討されています。認定不妊カウンセラー笛吹和代さんの妊活診断から、お金にまつわる記事をまとめます。

Q1 不妊治療に健康保険が適用されるのは本当ですか?

不妊治療への健康保険適用については、菅政権の発足時から目玉政策のひとつに上がっていました。少子化対策の一環であり、これがおじゃんになる可能性は低そうです。ニュース報道では2022年4月をメドに適用される見通しですが、正式には決まっていません。また、どの治療や薬剤まで適用されるのか、不明な点も残っています。本決まりではないので、注意は必要です。

➡ 【働きながら妊活しましょ】どうなる? いつわかる? 体外受精の保険適用範囲

Q2 健康保険が適用されるなら、不妊治療を始めるのはそれまで待った方が賢明でしょうか?

昨年からこの質問がとても増えました。体外受精にかかる費用が1回60万円としても3割負担になるならラク……。けれどもQ1で述べたようにいつから適用されるのか、決定はしていませんし、適用範囲も不明です。ここで治療を「待つ」ことができる人は、年齢面でも健康面でも限られます。30歳以上の方には「待つ」ことはおすすめできません。

➡ 【働きながら妊活しましょ】不妊治療の保険適用を待てる人、待てない人

【働きながら妊活しましょ】不妊治療の保険適用前にしておくべきことは?

Q3 健康保険適用前に不妊クリニックの治療費が値上がっているというウワサを聞きます。本当ですか?

もちろん個別のクリニックや地域によるので、一概には言えません。ただ、一部のクリニックで最近、治療費が上がっているのは事実。これも不妊治療が健康保険適用になることと無関係ではなさそうです。なぜでしょうか? また値上げへの対応として領収証の保管も重要です。

➡ 【働きながら妊活しましょ】治療費の値上げ傾向あり!? クリニックの明細書を必ずチェックしましょう

1 2