ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活】生理痛がひどいと不妊になりやすいって本当?

そろそろ子どものことを考えたい。今はまだ考えていないけれども、いつか子どもを持ちたい。パートナーと子どもの話をしてみたい……。30代の妊活にまつわる悩み事、考え事を、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんからアドバイスしてもらうシリーズです。

Q 生理痛がひどいと不妊になりやすいって聞いたのですが、本当ですか?

「以前から生理痛があります。毎回重いので、鎮痛剤を飲んで乗り越えてきましたが、最近さらにひどくなってきたような気がします。生理痛のひどい人は不妊になりやすいという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか? 関係があるとしたら、どのように対処すればいいでしょうか?」(30歳/小売り営業)

A 生理痛には様々な原因があります。まずはかかりつけの婦人科医を探しましょう

認定不妊カウンセラーの笛吹和代です。私は31歳から不妊治療を始めました。会社に通勤しながらの治療に不安を覚え、けっきょく退職を選びました。出産後は、認定不妊カウンセラーとしてたくさんの方々の不妊治療のご相談をうかがってきました。今思うのは、不妊治療の知識も大切ですが、それ以前に自分の体の状態を知っておくことの大切さです。

本格的な妊活を始める前でも、ご自身の体や健康について知っておくこと、合わせて婦人科系の疾患や症状に関する正確な知識を持っていること、それ自体が将来、妊活を始める際にも大きなアドバンテージになります。

最近、このような不安を抱えた方の質問もよく受けます。30歳ぐらいになると、特別な症状はなくても不安がよぎる……という気持ちは、よくわかります。

生理痛にはさまざまな原因がありますから、必ずしも生理痛がひどいから言って、不妊になるわけではありません。ただし、生理痛の原因に子宮内膜症が隠れていることがあります。子宮内膜症は不妊症の原因につながることがあります。

ベストな解決法は、かかりつけの婦人科医を持つことです。生理痛についても、それ以外でも何かいつもと違うな、おかしいなと思ったら、すぐ相談しに行ける婦人科の先生がいれば、こうした相談にも応えてくれるでしょう。

現実には「婦人科って行きにくい」と感じている女性が多いように思います。特に独身の女性にはハードルも壁も高く感じられる……。それが今も昔も、日本の若い女性を取り巻く大問題だと思っています。海外では独身のうちから、かかりつけの婦人科医を持っているのは当たり前だという話もよく聞きます。

1 2