ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活】ブライダルチェックと同時に虫歯チェックも受けたほうがいい理由とは?

そろそろ子どものことを考えたい。今はまだ考えていないけれども、いつか子どもを持ちたい。パートナーと子どもの話をしてみたい……。30代の妊活にまつわる悩み事、考え事を、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんからアドバイスしてもらいます。

前回は、ブライダルチェックの検査内容についてご説明しました。ブライダルチェックは婦人科系の医療機関、クリニックで受けることになりますが、今回の質問は、

Q 婦人科系の他に受けておくべき検査はありますか?

A 歯科にも行って虫歯の検査をしておきましょう

ブライダルチェックのメニューには入っていませんが、歯科で歯の検査もしておくといいでしょう。

妊娠すると使える薬が限られます。また歯科医師の方針によっては、妊娠中は基本応急処置での対応になる場合もありますので、抜いておいたほうがいい親知らずや虫歯など、早めに治療をしておく必要があります。

また、つわりがある状態では歯医者さんに行きにくくなります。吐き気がある上に、あの椅子の上に1時間近く横たわっていなくてはならないというのは、かなりつらいものがあります。

歯みがきもままならないほど、ひどいつわりもあり得ます。そういう場合、ごく初期だった虫歯の状態が一気に進行してしまうおそれもあります。それでも上のような事情で歯医者に行けない、つわりが落ち着くまで歯医者に行けない、ということになりかねません。

つわりの期間は人によってまちまち。妊娠初期だけの人もいれば、臨月まで続く人もいます。こればっかりはその時にならないとわかりません。

さらに先の話ですが、出産後は安心して歯医者に行けるかというとそうとも限りません。赤ちゃんを預けていける人がいればいいですが、もしワンオペ育児の場合、歯医者にも子どもを連れていかなくてはなりませんが、治療中に赤ちゃんを預かってくれる歯医者さんはかなりレアでしょう。内科なら子どもを抱いたまま診察を受けることができますが、歯医者はそうもいきません。

歯医者に限ったことではありませんが、妊娠中は必要な検診以外、病院に行くのはむずかしいものがあります。それに加えて今はコロナ禍です。よりいっそうの注意が求められます。

ブライダルチェックを受ける段階で歯科をはじめ気になる症状、今ある不調をチェックしておきましょう。たとえば、頭痛がひどい人、腰痛のある人、その治療もブライダルチェックと同時にスタートしておけば、あとがラクになります。

1 2