ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活】 妊娠出産を考えるときの食生活について。スイーツ好きの注意点は?

将来、子どもがほしい……のであれば、今パートナーがいてもいなくても少しずつ準備しておいてソンはありません。いつか妊娠、出産する日のために、今できること少しずつ始めてみませんか? 認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんがあなたの悩み、疑問に答えます。

今回の質問はこちら。

「私は甘いものが大好きです。今は在宅勤務の日が多いのですが、出社したときは必ずスイーツを食べて帰るほど。毎日の自分へのご褒美の意味もあります。辛いものも大好きなんです。激辛ラーメン、激辛鍋とか。在宅勤務の日は、お取り寄せスイーツ、テイクアウトしたスイーツをいただきますが、ちょっと食べ過ぎてしまうのが悩み。将来の妊娠に備えてこれだけは食べておいたほうがいいというものがあれば教えてください」(電機関連/28歳)

何かを多く食べるより、今、取りすぎているものを見直して減らしてみましょう

妊活のご相談の中には食生活についてのご質問も寄せられます。妊娠しやすくなるためには何を食べたらいいですか、どんなサプリが効果ありますか? といったご質問が多いですね。

まずは栄養バランスの取れた食事が一番です。何か決まった食材を多く食べましょうというより、今、食べ過ぎているものを見直し、減らしていきましょう。

ご相談者さんの場合、スイーツと激辛の食べ過ぎですね。まずスイーツについてですが、糖質の取りすぎは、やはり気をつけたいところです。

血糖値が高過ぎると、不妊につながる多嚢胞性卵巣症候群にかかるリスクが高くなるといわれています。日本人の女性はインスリンの抵抗値が高い傾向があります。これは、いったん血糖値が上がると下がりにくい、ということです。

妊娠前から血糖値が高い場合、「妊娠糖尿病」のリスクも高まります。胎児への影響もありますし、何より妊婦さん自身がとても大変になります。やっかいなことに、肥満型の人だけでなく、痩せ型の人でも妊娠糖尿病になることがあります。プレ妊活時代から糖質の食べ過ぎにはご注意を。

妊娠のために限ったことでなく、高血糖、高血圧、高脂血症、いわゆるメタボ要素は若いうちから気をつけておいてソンはありません。

激辛については嗜好もあると思うので、胃や腸が不調になるとか、体調に支障を来すようなことがなければ、それほど気にしなくてもいいのではと思いますが、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。

1 2