ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活】「そもそも妊活っていつから始めるの?」のその前に

将来的には子どもがほしい……。いつかわからないけれども子どもを産むつもり……。先のことだからまだよくわかなくても、妊娠や出産について、正しい知識を身につけておきたいですね。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんから、いつか子どもを産むかもしれない人のためのアドバイスをうかがいます。

20代、人生を考えるそのときに……

前回、妊娠適齢期のお話をしました。医療がどんなに進歩しても人間の体は変わらず、卵子のアンチエイジングは残念ながら難しい、というお話です。

ここを踏まえて、次に考えていただきたいのは、「あなたは子どもが欲しいのかどうか」です。20代前半の女性だと、こうした質問はけっこうキツイかなと思います。子どもについてすでに考えている方もいれば、先のこと過ぎて考えられないという方もいます。

でも、20代は人生について、将来について思い悩むことが多い時代だと思います。もちろん、30代も40代も悩みは尽きないと思いますけれど……。なので、人生について思い悩んだときとか、ライフプランを頭に浮かべたときに、「将来、子どもが欲しいのだろうか?」ということも自分に問いかけしてみてほしいのです。

もし、たぶん欲しいだろう、たぶん産むだろうーーということであれば、次には妊娠適齢期を意識したライフプランを頭に描いてみてください。

20代が妊娠適齢期であることを考えると、社会人になるタイミングで一度、子どものことも含めたライフプランを考えられるといいと思います。私は学生の方には、そういうアドバイスをしています。というのも、社会人になって仕事が始まると、人によっては多忙過ぎて中長期的ライフプランを立てるのをついつい先伸ばしてしまいがち、だからです。

食事と生活リズムを見直してみる

20代半ばの方も、20代後半の方も、一度、子どものことを含めたライフプランを考えてみてください。そうして考えた結果、子どもは少なくとも二人欲しいとか、30歳までに一人欲しいとか、明確なイメージが浮かんでくるかもしれません。

妊活はそれからでいいのです。もっといえば、若いうちは自然妊娠する可能性が高いのですから、特に妊活を意識する必要はないでしょう。ネットで妊活を検索すると、妊娠しやすい体づくり、妊娠しやすい食事や栄養についての情報が並びます。

まずは、生理が正常に来ているかどうかをチェック(「正常な生理」については次回解説します)。食事は、栄養バランスを意識して、ヘンに偏らない食事を心がけましょう。このほかには.適度な運動、十分な睡眠など、当たり前の生活を心がけていれば、特別な妊活は必要ないのです。

ですから、まずは妊活を意識するより、ふつうの健康な生活のリズムを身につけましょう。

20代は忙しい! けれど食事や生活リズムをときどきチェックして。©John

賢人のまとめ

妊活プランを立てる前に、ご自身のライフプランを頭に思い描いてみましょう。焦る必要はありません。いつかは子どもが欲しいかなと思うなら、まずは健康でいることが大事です。ふだんの食事や生活リズムを振り返ってみるのもいいですよ。

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。著書に『あきらめない妊活〜キャリアと不妊治療を両立させる方法』がある。