ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活・番外編】妊娠希望ですがワクチン接種後にするべきか悩みます

いつか子どもが欲しいと思っている……いつか産むつもり……そんないつかの日の妊娠、出産のために今からできることを認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんからアドバイスしていただくコーナーです。今回は、番外編として、コロナ禍が収束しない中、気になる新型コロナワクチン接種についての質問を取り上げます。

28歳Y子さんからの質問

28歳、既婚です。30歳までに子どもを一人と考えています。昨年はコロナ禍を敬遠して、夫と話し合い、1年、妊娠を延ばすことにしました。このままずるずる伸ばしていると、出産が30歳を越えてしまいます。

私の会社ではワクチンの職域接種があります。申し込みをしようかどうか迷っています。妊活を再開するならワクチンを接種した後がいいのか、それともコロナ禍の収束を待ったほうがいいのか。

アドバイスをいただければと思います。現在のところ夫ともども健康です。どうぞよろしくお願いします。(Y子/東京都/メーカー勤務)

笛吹和代さんからのアンサー

最近、こうした質問を受けるようになってきました。私は医師ではないので、すでに公開されている有効性の情報を提示しながら、一般的な視点からお話させてもらっています。

Y子さんのところは夫婦ともに健康で、不妊症の要素もないとのこと。また職域接種でワクチンが受けられる環境にあるということ。ワクチンそのものに対する大きな不安はお持ちでないようです。

妊娠時期はワクチン接種後がいいか、それともいっそコロナ禍収束後がいいかという2択であるなら、ワクチンを接種してから妊活にのぞまれてはいかがでしょうか。

ワクチン接種が始まった当初は、さまざまなデマが主にSNS上に飛び交いました。今はだいぶ落ち着いてきたようですね。少なくともワクチン接種すると妊娠しにくくなるというデータは認められていません。

コロナ禍に見舞われて1年半、留意すべきは、妊婦が感染したときのリスクのほうです。すでに都市部では病床が足りなくなるという状況が発生しています。妊婦さんが感染したとき、速やかに治療を受けられるのか、入院できるのかは今は何とも言えない状況になっています。

Y子さんは東京在住ということですので、感染しても重症化が避けられる可能性が高いワクチン接種を選択するのは、理にかなっているかと思います。

一方、現在、まだワクチン接種が受けられない状況にある女性も多くいらっしゃると思います。妊娠の計画を延期するか、しないか。正解がわからず、本当に悩ましいですよね。

ひとつ、AMHの検査は受けておくことをおすすめします。もし、AMH値が低いようなら、年齢にかかわらず、なるべく早く妊活を始めたほうがいいからです。また、パートナーの精子検査も行っておくべきです。もし何か異常が見つかれば、すぐに治療を始めた方がいいからです。

(妊娠計画の延期、妊活の一時中断の場合の留意点は、また回を改めてお話しします。)

またワクチンが接種できない状況で妊活・不妊治療を再開し妊娠した場合でも、その後にワクチン接種の予約が取れれば妊娠中でもワクチン接種は可能です。

ただ妊婦さんがワクチン接種を希望する際に、情報更新されていない知識不足の医師にあたって、接種を拒まれるということも起こっているようです。そのような場合は、接種をあきらめるのではなく、接種可能な個人クリニック等も探してみてください。

今も、ワクチンについては、いろんな情報が飛び交っています。不確かな情報をうのみにせず、厚生労働省やファイザーのホームページなどでオフィシャルな情報を確認しましょう。

ワクチンの正しい情報を。厚生労働省のHPに「新型コロナワクチンの有効性・安全性」について解説が載っています。

賢人のまとめ

ワクチン接種後か接種前かという悩み。ワクチンを接種できる状況であるなら接種して、感染リスクを下げた上での再開でいいと思います。ワクチンについてはさまざまな情報が飛び交っているので、信用できるサイトの情報で確認しましょう。

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。著書に『あきらめない妊活〜キャリアと不妊治療を両立させる方法』がある。