ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活】不妊治療が保険適用になるってどういうこと?

将来的には子どもがほしい……。いつかわからないけれども子どもを産むつもり……。先のことだからまだよくわかなくても、妊娠や出産について、正しい知識を身につけておきたいですね。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに、いつか子どもを産むかもしれない人のためのアドバイスをうかがいます。

現在も基礎的な不妊検査は保険適用です

最近、不妊治療の保険適用というフレーズを耳にしたことはありませんか? 2022年4月から不妊治療の一部に健康保険が適用されることが決まっています。

妊活中の人も、妊活なんてまだまだ先という人も、ちょっと気になるニュースですよね。基本的なことを整理しておきましょう。

今回は不妊治療の保険適用についてです。

まず、知っておいてほしいのは、現在の不妊治療の保険適用範囲についてです。

一般的には「不妊治療は自由診療」と言われています。ゆえに「全額、自己負担である」というふうに言われます。しかし、不妊治療のすべてが保険適用外なわけではありません。

不妊治療はおおむね次の3ステップの順に進みます。

第1ステップ:タイミング法(排卵時期に合わせて性交することで妊娠率を高める)

第2ステップ:人工授精(排卵時期に精子を子宮に直接注入する医療)

第3ステップ:体外受精(卵子を採卵し、精子と受精させた受精卵を子宮に戻し着床させる医療)

不妊かな? と思って不妊クリニックを受診すると、一般的には上のステップを踏むわけですが、はじめに基礎的な不妊検査を行います。それから第1ステップが指導されます。この不妊検査料とタイミング法段階の受診には、現在も保険が適用されています。

基礎的な不妊検査とは、女性ホルモン分泌検査、性感染症検査、甲状腺ホルモン分泌検査、子宮頸がん検査、風疹抗体検査などのことです。これに卵管が詰まっていないかどうかを調べる卵管造影検査、卵子の数を測定するAMH検査(卵巣予備能検査)などが加わることもあります。

基礎的といっても一律に検査項目が決まっているわけではなく、クリニックによって多少異なります。AMH検査は保険適用外になります。実際に検査を受ける際は、クリニックに検査項目と、保険がどこまで適用されるのか、しっかり確認しておきましょう。

男性不妊検査は基本的に保険適用されていますが、クリニックによっては検査項目が異なったりして、保険適用外になっているところもあります。

来年4月から保険適用になるのは?

2022年4月から新たに保険適用される予定になっているのは、第2ステップ以降の人工授精と体外受精です。

1 2