ビューティー&ヘルス 【いつかのためのプレ妊活・番外編】ホントにあった妊娠に関するすごい質問。中高生の性の知識って?

将来的には子どもがほしい……。いつかわからないけれども産むつもり……。先のことだからまだよくわかなくても、妊娠や出産について、正しい知識を身につけておきたいですね。この連載では、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんから、いつか産むかもしれない女性たちへのアドバイスをいただいていますが、今回は番外編として、ホントにあった妊娠に関する驚きの相談事を教えてもらいました。

SNSで寄せられる中高生からの質問の内容とは?

笛吹さんのもとには妊娠中絶の相談が寄せられることもあります。

多くは中高生をはじめ十代の女性からと目されますが、中には20代とおぼしき女性からの相談も。    

根っこには、性の知識不足、正しい情報を持っていない現状があるようです。今回は笛吹和代さんにインタビュー形式でうかがいました。

—–たとえばどんな相談事が?

少し極端な例を示します。夏休みの時期やその後に増える傾向がありますが、「性交はしていませんが妊娠したみたいです」という相談。詳しく聞くと、「彼氏がいます、性交はしていないがキスはしました、妊娠しますか?」という内容でした。似たケースで「彼といっしょに温泉に入りました。妊娠しますか?」などなど。SNS等でこのような質問をいただくことがあります。おそらく中高生からの質問ではないかと。

——どういうお応えをしているのですか?

基本的に、性交しなければ妊娠しませんよとお答えしています。

—–中高生でも知識がまったく無い子もいるんですね 。

おそらく、彼女たちは生理が予定日を過ぎてもこないことで、さまざまに不安に感じて相談してくるのだと思います。ですから、あまり長く生理が来ないようであれば、それは別の原因が考えられるので、一度婦人科を受診するようアドバイスしています。

私が問題だと思うのは、性交しなければ妊娠しないということすら知らないことに加え、性交の定義の認識すらバラバラなことです。上に挙げた例は驚くような内容ではありますが、決してレアケースというわけでもありません。

——いまどき、インターネットでちょっと調べればわかることがなぜ?

もちろん、彼女たちはすぐさまインターネットで調べます。LINEやインスタなどのSNSも駆使しして調べるのです。そこであまりに雑多な情報に触れてしまっている可能性があります。

1 2