ビューティー&ヘルス 【フェムテック最前線】ナプキン不要の吸水ショーツetc.生理&妊活の悩みを解決するアイテム続々

今、注目を集めているフェムテック。10月には東京・六本木ヒルズで国内外のフェムテック製品・サービスを紹介する「Femtech Fes! (フェムテックフェス)2021」が開催されました。

Suits womanの妊活記事でおなじみ、認定不妊カウンセラー笛吹和代さんに、このイベントで見つけた注目のフェムテック製品を解説してもらいます。

一度は試したい!使いやすさが進化中の吸水ショーツ

フェムテック(FemTech)とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語で、女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決する商品やサービスのことを指します。

今回の「フェムテックフェス!2021」の出品を見ると、吸水ショーツと月経カップがとても多かったですね。特に、その進化が目立つのが吸水ショーツ。

ナプキンを貼り付けるサニタリーショーツとは異なり、下着そのものが水分を吸収する構造になっているショーツです。 日本ではここ3年ほど、主に通販で手に入るようになってきていましたが、海外製のものが多いこともあり、まだ日本人にはしっくり来ないような感じがしていました。

それがここにきて日本メーカーの製品が揃ってきました。アツギ、ユニクロ、GU、ワコールからも発売されています。

日本人女性の体型に合わせたフィット感、吸水量の多い日用、普通の日用など段階別にラインナップされ、色も黒やベージュだけでなくカラフルに。レース付き、ボクサータイプ、ローライズなどなど、ふつうのショーツと見分けがつかないキュートなデザインが増えています。 

見た目だけでなく、デリケートゾーンに触れる部分の布地の質感がコットンのような肌ざわりに進化している点も注目です。

吸水ショーツは人それぞれ、生理日数や経血量の多い少ないなどで使い方は変わってくると思います。

特に、経血量が多い人にとっては救世主のような生理用品だと思います。吸水ショーツはそれ単体で使うこともできますが、生理用ナプキンとセットでも使ってもOK。セットで使うことで生理中の朝、起きた時、ドキッとしなくてよくなります。

外出時の服装、生理中は黒っぽい服を選んでいましたよね? これならだいぶ楽になりそうです。薄い吸水ショーツなら普段使いもできるくらいですから、予定日が近い日に使っていれば、いつ生理が来てもあわてずに済みます。

とにかく安心感が違います。どうして今までなかったのー!? と声を大にして言いたいくらい画期的だと思います。

これまで数千円した価格も1000円〜2000円代まで下がってきました。今後も複数のメーカー参入が予想され、それにともない価格競争も期待できますね。

乳がんや子宮内膜症など、自宅でできる検査キットの開発が進んでいます

海外製が多く、まだ日本で認可されたものはありませんが、自宅で乳がん検診ができるキット、子宮内膜症が診断できるキットの開発が進んでいます。

1 2