ビューティー&ヘルス 【妊活入門】最初が肝心。入り口を誤ると時間もお金もムダになります

妊活中の人も、これからの人も、妊活って何するの?と言う人も。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんから、妊活や女性の悩み、もやもやについてアドバイスをいただく妊活入門。今回は、妊活を始めようと考えている人へのアドバイスです。

根拠のない妊活対策は時間とお金のムダ

新年を迎えて、今年はそろそろ妊活を…と考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

妊活を始めるにあたって、何を参考にしたらいいでしょうか?

最近ではネットで「妊活」「不妊症」などを検索して上位にでてきたサイトを読む、あるいはインスタグラムで検索して表示されたアカウントを上からチェックする、そうした方法が増えているようです。これほどネット上に情報が多くなかった時代は、本屋さんで妊活雑誌や妊活ハウツー本を買って読んでいたと思います。もちろん、今でも本屋さんには妊活雑誌、妊活のハウツー、不妊症の本などたくさん並んでいます。

私は20代、30代の女性からもたくさんの妊活相談を受けますが、つくづく「はじめが肝心」だと感じています。というのも、妊活は時間的にも、経済的にも制約があるからです。

妊活とはパートナーと妊娠をめざすことですが、クリニックを受診するまでは治療ではないので決められた対応策というものはありませんし、基本的には何をやっても自由です。そのため間違った対応をしてしまうケースも多い。初めが肝心なのです。

たとえば、ネットで○○○○を飲むと妊娠しやすい、○○○○すると妊娠しやすい体になるといった情報を見つけ、そこから妊活をスタートする人もいます。その情報の真偽を確かめることもなく…。それでも妊娠できたなら問題ありません。

問題は、1年妊活を続けていても妊娠しない場合です。○○○○を試したけれどうまくいなかった、じゃあ次はやはりネットで見つけた△△△を試してみよう…こっちがダメだったから、次はあっちを…。真偽がわからない情報に頼って、こうした沼にはまる人は少なくありません。検査をしてみて妊娠しない原因がわかる場合もあります。(不妊治療後の話ではありますが、体外受精をすることで受精障害等が判明することもあります。)その原因が男性側であっても女性側であっても、こうした根拠の薄い妊活は時間とお金のムダになってしまいます。根拠の薄い妊活情報に振り回されないで! と思うのです。

妊活の専門家はどこにいる?

では、妊活をどうスタートしたらよいか。当シリーズでも今後、取り上げていきますが、はじめにひとつだけ知っておいていただきたいことがあります。

迷ったら、悩んだら、専門家に相談してほしい、ということです。ネット上の情報や口コミをうのみにしてスタートを間違ってほしくありません。時間をムダにしてほしくありません。

1 2