ビューティー&ヘルス 【妊活入門】妊娠適齢期ってあるんですか?

妊活中の人も、これからの人も、妊活って何するの?と言う人も。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんから、妊活や女性の悩み、もやもやについてアドバイスをいただく妊活入門。今回は「妊娠の適齢期」について聞きました。

35歳が「高齢出産」といわれるワケ

人によって体格も体力も健康状態も違うので、妊娠しやすい時期は一概には言えません。が、だいたい20代前半〜34歳、もっとも妊娠しやすいのは20代半ばというのが定説だと思います。

35歳になると高齢出産といわれたのですが、最近はあまり「高齢出産」という言葉そのものを聞かなくなったような気がします。なぜでしょうか? ひとつは不妊治療のいちじるしい進歩があります。35歳過ぎても妊娠する人が、ひと昔前、ふた昔前と比べて格段に増えました。

では35歳はもはや高齢出産ではないのかというと、それは違うと思います。たとえば50年前の女性と比べて、妊娠しやすい時期が伸びているというデータは特にありません。

35歳で高齢出産と言われるのは、それ以降になると妊娠しにくくなるだけでなく、出産に至るまでに母胎や胎児になんらかのトラブルが発生するリスク、出産後に何らかのトラブルを抱えるリスクが高まるからです。妊娠中や出産時、その後のリスクが軽減したわけではないことは知っておいてください。

それに不妊治療が発達したといっても、それは妊娠しやすさそのものを高めるものではありません。妊娠しない原因を検査して調べ、各人に合った治療を施すものです。35歳以上の妊娠・出産が増えた理由としては、具体的には体外受精や人工授精の医療、技術の進歩が寄与しているものと思われます。

卵子の数は年齢に比例して少なくなる

将来、子どもを持ちたい、育てたいという希望を持っていらっしゃる読者が多いと思います。

妊活の情報を検索すると、不妊クリニックや不妊治療の情報がザーッと並ぶかと思います。不妊クリニックで不妊治療を行うことを前提にした文章を読んでいると、つい35歳以上の女性が妊活を始めたり、妊娠・出産したりすることが当たり前になっているイメージを受けるかもしれませんが、少し注意が必要です。もちろん、35歳以上で妊娠・出産する女性が増えているのは事実です。でも、増えていることがイコール35歳以上でもOKというのは少々短絡的です。

妊娠のしやすさのことを妊孕性(にんようせい)と言います。この妊孕性そのものを計るのは難しいのですが、卵子の質や残りの卵子の数である程度予測をすることができます。卵子の質は年齢に比例します。ですから年齢と共に妊娠が難しくなります。そして、卵巣にどれだけ卵子が残っているかはAMHという値を計ることである程度知ることが出来ます。

では、卵子の数はいくつぐらいだと思いますか?

生まれたときに約200万個あった卵子は、20代には20〜30万個に減ります。35歳ではかなり少なくなっています。個人差があるものの、全体としての傾向は今も変わりません。年齢と共に卵子の質も低下していきます。女性本来が持っている妊娠しやすさ=妊孕性は、30代半ばからグンと落ちてしまうのです。このデータをしっかり踏まえたうえで、将来の計画を立てていきましょう。

30代、妊活についてある程度知識を身につけておきましょう。

賢人のまとめ

妊娠しやすい年齢は今も昔も変わりはなく、20代半ばです。35歳以上の妊娠する力は残念ながら低下します。不妊治療の発達により「35歳以上で妊娠」する人が増えているのは事実ですが、「妊娠しやすい年齢」自体が上がっているわけでなく、35歳は今でもひとつの目安になります。

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。著書に『あきらめない妊活〜キャリアと不妊治療を両立させる方法』がある。