ビューティー&ヘルス 【働きながら妊活しましょ】妊活時にイソフラボンの摂り過ぎは逆効果って、知ってた?

妊娠しやすい体をつくる食材情報や、妊活を謳ったサプリが世にあふれています。大豆もそのひとつ。「イソフラボンがいい」という話はよく耳にします。さて、本当でしょうか?不妊カウンセラーの笛吹和代さんにうかがいまいた。

イソフラボン大量摂取は逆効果

不妊カウンセリングに訪れる女性に「豆乳、どれくらい飲んだらいいですか?」と質問される方がいます。「大豆=妊活」という認識がどこかですり込まれているようです。

結論から申しますと、大豆はもちろん栄養豊富のいい食材ですが、特別たくさん摂取する必要はありません。

大豆の成分イソフラボンが注目されたのは、元はといえば女性の更年期に対して有効だからです。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、妊娠に欠かせないのはもちろん、骨を丈夫にしたり、お肌の若々しく保ったりしてくれるホルモンです。ですから更年期障害を軽減するために、またアンチエイジングにイソフラボンが注目されたのです。

しかし、妊活中の女性には女性ホルモンが分泌されています。そこにエストロゲンに似たイソフラボンが大量に入ってきたらどうでしょうか? ホルモンの分泌は脳が体内の状態に応じてコントロールしています。脳は「エストロゲンは足りている」と錯覚し、エストロゲンの分泌を抑制してしまう可能性があります。本物のエストロゲンが正常に分泌されなければ、排卵が遅れたりするおそれも出てきます。

つまり、イソフラボンの大量摂取は、妊活にとっては逆効果ということです

1 2