ビューティー&ヘルス 日焼け止めを塗っても焼けるのはなぜ?その謎にコスメコンシェルジュが答えます!

\オススメNo.2/ コーセー サンプロテクト ミルク 

コーセー サンプロテクト ミルク 

「落ちない」を追及した日焼け止めミルク。汗・水・こすれ、動きにも強いスーパーウォータープルーフタイプ。汗をかいても「密着イオン技術」が肌に密着した膜を強固に。2019年2月16日発売 60ml 2,400円(税別)SPF50+ PA++++

2層式で振って使うタイプなので、しっかりと振ってから使いましょう!

\オススメNo.3/ アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

汗や皮脂に触れると、UVブロック膜がさらに強化されるという「アクアブースターEX技術」を採用。

汗や脂で日焼け止めが落ちてしまうことを防ぎます。

80分間にわたる水浴テストで耐水性を確認済みのスーパーウォータープルーフ。こちらも石鹸で落とせるタイプなので、使いやすいですよ。2018年2月21日発売 (2019年4月21日追加発売) 20ml 1,200円 / 60ml 3,000円 / 90ml 3,600円(税別)SPF50+ PA++++

☆☆☆

次に日焼け止めの疑問に、お答えしていきますね。

Q:日焼けはしたくないけど、紫外線カット効果が高いものを毎日使っても大丈夫?

A:健康な肌の方なら毎日使用しても問題ありません!日焼けしたくない方は、紫外線カット指数が高いものを選びましょう。ただし、今回ご紹介したアイテムも、石鹸で落ちるものとクレンジングが必要なものがあります。商品説明をよく見て、きちんと落とすことが大切です。

メイクもそうですが、きちんと落とすことが大事です。

Q:リゾート用の日焼け止めは何が違うの?

A:「落ちにくさ」が違います
デイリーのものは、使用感を重視したアイテムが多いので、商品によっては、耐久性が低いものも。
今回紹介した3アイテムのように、スポーツ・レジャー用のアイテムは、耐水性、耐久性の試験を実施しているものが多く、「落ちにくさ」に特化しています。
紫外線カット効果の低いものは冬に使うようにし、これかれの季節、汗をかきやすい人は特に、デイリーでも「落ちにくい」タイプを使うことが、日焼けから肌を守る近道です。

賢人のまとめ

メイク後は日焼け止めの塗り直しができないので、UVカット効果のあるメイク品でお直しを!メイクの上からできるUVスプレーも効果的。ボディーは汗をかいたら、こまめに塗りなおしましょう。直接肌に乗せて、手のひらでくるくるとらせんを描くように塗るのがポイントですよ!

1 2