ビューティー&ヘルス 正しい知識で、しっかり防御!コスメコンシェルジュも実践している感染症対策

【咳エチケット】

こちらは、厚生労働省が出している「咳エチケット」。
新型コロナウイルスだけでなくインフルエンザも、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症です。
「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。
特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。

3つの正しい咳エチケット

3つ目のひじを使うアクションを「ひじブロック」と言うそう。

マスクをつけるときは、取扱説明書をよく読み、正しくつけましょう。鼻からあごまでを覆い、隙間がないようにします。
なお、口と鼻を覆ったティッシュは 、すぐ にゴミ箱に捨てましょう。

【正しいマスクのつけ方・外し方】

感染症対策には、使い捨てタイプの不織布マスクがオススメです。
使い捨てタイプなので、使いまわしはせずに、使用後は必ず捨てるようにしましょう。

<正しい付け方>
1、鼻と口の両方を覆います。
2、鼻部分のワイヤーをご自身の鼻の形にぴったり合わせ、隙間がないようにします。
3、頬の部分に隙間ができないよう、顎までしっかり覆います。
※鼻や顎が出ていたり隙間があると意味がありません。しっかり覆うようにしましょう。

<正しい外し方>
1、不織布部分にはウィルスや花粉等がついているので、絶対に触らないようにします。
2、ゴム部分を持ち、取り外します。
3、捨てる時は、外側についたウィルス等が飛散しないよう、外側を内側に折り、可能であればビニール袋に入れ、しっかり口を閉じてゴミ箱に捨てます。
そのままゴミ箱に捨てると、ご自身が動く度にウィルスや花粉が空気中に飛散する可能性があります。
※一度外したマスクは再度使用しないようにしましょう。
ポケットやカバンに入れると、その中にウィルスが付着し、次に手を入れた際に触れてしまう可能性があります。

☆☆☆

インフルエンザや風邪などの感染症だけでなく、これからの花粉症対策でも同じ対策で防ぐことができます。
ご自身のために、ぜひ今から始めてみてくださいね。

賢人のまとめ

まずはうがい・手洗いを、外出から戻ってきたら必ず行なう習慣にしましょう。

1 2