ビューティー&ヘルス いよいよ3月、今からするべき花粉対策は?

今年の冬は暖冬で、暖かい日も多かったですね。
寒の戻りもありますが、暖かい日が続くと、気になるのは花粉症です。すでに症状が出てきている人もいるのではないでしょうか?
厚生労働省の発表によると、国民のおよそ20%が花粉症と考えられています。
まだ花粉症を発症していない方も、いつ発症するかわからないので、やはり予防は必要ですね。
今回は『今からするべき花粉症対策は?』と題して、すぐ始められる予防策を伝授していきます。

花粉症の皆さん、今年はどんな対策をしますか?

気象庁の発表によると、2020年春の花粉飛散量は、一部の地域を除き広い範囲で例年より少ない飛散量だそうです。
そのニュースを聞いて、安心している人も多いのではないでしょうか?

北海道、東北エリアの花粉は多いけれど、関東から西日本にかけては少なめのようです。

でも、油断は禁物です。
近年の研究で花粉症は花粉の飛散量だけでなく、「花粉アレルゲン」の量に注意が必要とのこと!
「花粉アレルゲン」って?と初耳の方もいらっしゃいますよね。
「花粉アレルゲン」は花粉の表面や内部に存在する微細なアレルゲンのことで、花粉症の直接の原因であると最近テレビ等でも取り上げられています。

花粉症の70%がスギ花粉と推測されていて、すでに東北を除き、飛散が始まっています。
先ほど、今年の花粉飛散量は例年より少ないとお伝えしましたが、実は「花粉アレルゲン」は年々凶暴化しているとの報道も。

スギ花粉はもう飛びはじめているのです……。

1 2