ビューティー&ヘルス 季節の変わり目で肌が乾燥します。対策方法はありますか?

A毎日の基本ケアとしっかり保湿をすることが重要です。

春から夏に変わるこの時期、肌が乾燥する人が増えています。感想を招く原因として、気温、湿度、汗、紫外線などがあげられます。季節の変わり目に合わせて保湿ケアを変えることで、乾燥肌の対策が出来ます。

 

春の乾燥

乾燥肌とは

乾燥肌とは、肌のうるおいが不足している状態のことです。健康な肌は汗(水分)と皮脂(油分)が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。この皮脂膜が天然の保湿クリームとなり、肌を乾燥から守ってくれます。皮脂膜の汗(水分)が蒸発したり、クレンジングにより皮脂(油分)を奪いすぎたり、年齢とともに皮脂(油分)量が減ってくることにより肌が乾燥します。また肌が乾燥して表面が硬くなると、手触りもごわつき、化粧ののりも悪くなって小じわの原因になるので注意しましょう。

 

春に肌が乾燥する原因とは

春はお昼が暖かく、夜は風が冷たい日もあります。日中と夜の気温差が大きいので、肌の水分と油分が崩れ、湿度も低いことから乾燥しやすくなります。また新たな環境でストレスがたまりやすくホルモンバランスが乱れやすいので、肌はより敏感になり乾燥が悪化することもあります。さらに、紫外線により肌が炎症をおこして乾燥す場合もあります。お肌を乾燥させないためにも今から紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

春のスキンケアのポイント

春になって肌の調子が乱れる方も多いと思いますが、それは冬が終わり暖かくなってきて保湿ケアを怠ってしまうことにも原因があります。春とはいえ冬と同じくらいの保湿ケアを行うことをおすすめです。

洗顔
乾燥が気になるからといって洗顔をしないのはかえって皮脂がつまり角栓やニキビの原因になりよくありません。肌のうるおいを奪いすぎないクレンジングと洗顔料を選び、肌に負担をかけないように、優しく洗顔しましょう。

化粧水
保湿成分を配合した化粧水を選びます。乾燥が気になる場合は乳液を2~3度重ねづけして保湿します。洗顔後や入浴後は、肌温度があがり肌の水分が蒸発しやすいので肌に水分が残っているうちになるべく早く化粧水をつけるようにすることが重要です。

美容液
NMF(天然保湿因子)やセラミドなどの保湿成分を配合したものをつけて保湿をこころがけましょう。

クリーム
化粧水や美容液をつけた後、油分の多いクリームやオイル美容液をプラスし、与えた水分やうるおいを逃がさないようにしっかり蓋をすることが大切です。

UV下地
春先からだんだんと、紫外線の量も多くなってきているので今から紫外線対策をしっかり行いましょう。

賢人のまとめ

季節の変わり目、特に春はお肌が荒れやすいので、しっかり保湿を行い、肌自体の皮脂膜でしっかりお肌を守れる状態を作りましょう

賢人プロフィール

オフィス美容の賢人小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行なっている。
著書に『レディのルール』『コスメのプロが毎朝、実践する 1分メイク& 1分スキンケア』など。
小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/
「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/