ビューティー&ヘルス 最近、デトックスダイエットが流行っていますが、レモンデトックスって、本当に効果がありますか?

私のジュース置き換えダイエットは、何日間という継続したもので行うというよりは、朝食や忙しいときの夕食にニーラレモンデトックスを活用しています。
必ず、断食と組み合わせる必要はないので、免疫アップのためにも1食だけをレモン・ジュースで済ませるという感覚で初めるのもいいかと思います。
ニーラレモンデトックスは、食事の代わりにビタミンやミネラルが豊富に含まれたシロップにレモン果汁を加えたレモンジュースに置き換えるためのセットです。

 レモンデトックス

私のように1食だけではなく、一定期間、置き換えをやりたい方は、しっかりとステップを守りながら行ってください。
過程は、①準備期間、②レモンジュース置き換え(断食)期間、③回復期間に分けられます。この3段階に分けて進めることが大切です。

準備期間(2日間)

徐々に食事量を減らし、体のバランスが崩れることを防ぎます。

レモンジュース置き換え(断食)期間

大さじ1(15ml)レモン果汁と大さじ1(15ml)メープルシロップを混ぜ、約200mlの水で薄めます。このレモンデトックスジュースを、1日8~10杯飲むようにします。
このメープルシロップには、以下の様な栄養成分が含まれています。
シロップ栄養素

※低カロリーの食事をすると、筋肉内のグリコーゲンが使われ、グリコーゲンと共に蓄積されていた水分が減るので、積極的に水分摂取を行うようにしましょう。
水を1日約2㍑飲むようにします。

断食を始めて、3日目くらいから体調が整ってくると言われていますので、こちらで辞めても十分です。
継続したい方は最大7日間に留めておきましょう。

 回復期間(3日間)

断食をすると、体はエネルギー不足になり、断食終了後にはエネルギーを溜め込もうと行動をします。そのため、断食後には一定の期間、リバウンドを防ぐために回復食が必要です。1日目と2日目は果物や野菜ジュース、3日目からお粥や植物性タンパク質(大豆製品など)を摂取します。回復期間中はむくみ防止のために塩分は控えましょう。また、レモンジュースは飲まなくて大丈夫ですが、水は飲み続けて下さい。

身体に無理のない範囲で胃腸を整える目的で、ジュースに置き換えるダイエットを取り入れるのはおすすめです。
デメリットもしっかり理解した上で取り入れましょう。

 

賢人のまとめ

身体に無理のない範囲で胃腸を整える目的で、ジュースに置き換えるダイエットを取り入れるのはおすすめです。 デメリットもしっかり理解した上で取り入れましょう。

1 2

賢人プロフィール

オフィス美容の賢人小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行なっている。
著書に『レディのルール』『コスメのプロが毎朝、実践する 1分メイク& 1分スキンケア』など。
小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/
「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/