ビューティー&ヘルス ブラシやパフ、チップなど、どうやってお手入れしたらいいのですか?不潔に思われるのが嫌で友達にも聞けません。

A洗う頻度や洗い方もアイテム、使用用途によってことなります。正しい洗い方を学んで清潔に使いましょう。

洗う頻度や洗い方もアイテム、使用用途によってことなります。正しい洗い方を学んで清潔に使いましょう。 以下に、道具の種類別に分けてお掃除方法を紹介します!!  

ブラシ類

ブラシは頻繁の洗うと毛が痛み、肌にふれてチクチクと刺激になることもあります。また、使ったままだと汚れが不着して酸化してしまい、ニキビや肌荒れの原因になります。正しいお手入れを学んで清潔な状態を保ちましょう。 毎日のお手入れには、ティッシュで汚れを拭うことをおすすめします。使い方としては、ティッシュに2、3ふりし、そのティッシュにブラシをなでるように往復させると汚れが落ちます。なおかつブラシへのダメージも少ないのでおすすめです。そして、半年に一度、専用のクリーナーでつけ置き洗いをすると、より清潔な状態で使い続ける事が出来ます。

MAC M・A・C ブラシクレンザー

また、専用のクレンザーがないときは泡立てたシャンプーで優しく洗いましょう。

アイシャドウチップやファンデーションのスポンジ

チップやスポンジは、両面を使った後、中性洗剤で洗うと良いでしょう。十分に水でスポンジを濡らしてから、中性洗剤で優しくもみ洗いをし、ぬるま湯で洗剤を残さないようによくすすぎます。そしてタオルで水分をとり、完全に乾かします。生乾きにしてしまうと、湿気を好む細菌が集まってしまうので、気をつけましょう。また、もみ洗いの代わりに、メイク道具専用鵜のスポンジクリーナーを使う選択もあります。クリーナーを使用した方が、スポンジにこびりついたファンデーションの汚れが落ちやすい場合もあります。 資生堂

資生堂 スポンジクリーナー

 

フェイスパウダーのパフ

パウダーパフはメイクの順序を考慮すると、油分にふれる機会が少ないと思われるので、月に2回の洗浄を目安に汚れたら洗うようにしましょう。洗い方はスポンジの時と同様、水で濡らしてから中性洗剤をつけてもみ洗いをし、すすいだ後、タオルで水気をきってから乾かします。  

ビューラー・コーム

ビューラー・コームは、使用するたび、ゴムの部分にアイメイクの汚れが付いてしまいます。放っておくと、マスカラやアイライナーなどの汚れが固まり、落ちにくくなってします野で、使い終わった後は毎回ティッシュで拭き取りましょう。メイク道具についた汚れは、放っておくと固まってメイクのつきを悪くする上、菌が繁殖してニキビ等の肌トラブルの原因にもなります。仕上がりのムラや肌トラブルを未然に防ぐためにも、メイク道具のお手入れは定期的に行いましょうね。    

賢人のまとめ

洗う頻度や洗い方もアイテム、使用用途によってことなります。正しい洗い方を学んで清潔に使いましょう。

賢人プロフィール

オフィス美容の賢人小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行なっている。
著書に『レディのルール』『コスメのプロが毎朝、実践する 1分メイク& 1分スキンケア』など。
小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/
「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/