ビューティー&ヘルス 【2016年最新UVケア】抑えておきたい3つのポイント

IMG_2535

紫外線は徹底的にブロックしましょ!

紫外線量が増えはじめる4月、すでに本格的なUVケアをはじめている人も多いのでは? 億劫になりがちなUV対策ですが、今年のUVケアはひと味ちがいます! ただ紫外線をカットするだけでなく、ブルーライト、近赤外線、大気汚染まで対応。その進化は、新次元に突入したと言われるほどです。今回は、その3つの進化ポイントをおさえた、おすすめのUVケアアイテムをご紹介します!

知らない間に浴びていた! 色素沈着を引き起こす ブルーライト

2016年のUVケアビッグニュースのひとつが、ブルーライト。スマホやLEDライトなどから発せられるこれらが、肌に悪影響を及ぼすことが確認されました。目に見える可視光線の中でも最も波長が短く強いエネルギーを持ち、紫外線以上に深く肌に入り込み色素沈着を引き起こすのです。
紫外線とは波長が異なるため、一般的な日焼け止めでは防げないというから恐ろしいですよね。UVケアは、もはや紫外線を防止するだけではダメなのです!

ランコム UV エクスペール XL CCC

1f56db0e6ad51714e7422b2b1f1d4bb9

ランコム UV エクスペール XL CCC 30ml・5, 800円/全4色/SPF50・PA++++

 

そのブルーライトを防げるのが、こちら。UVA、UVB、ロングUVAだけではなく、ブルーライトや大気汚染からもお肌を守る新“CCC”。

ディオール プレステージ ホワイト ル プロテクター UV SPF50+/PA++++

224560_xl

ディオール プレステージ ホワイト ル プロテクター UV SPF50+/PA++++ 30ml・12, 500円/SPF50+・PA++++

 

色素沈着、酸化、老化を促進する光老化に着目した、ディオール初のUVプロテクション。思わず使いたくなる軽いつけ心地と適度なカバー力が魅力です。

1 2 3