ビューティー&ヘルス 冬場、手の乾燥がひどすぎて、今時と思われるかもしれませんが、アカギレのようなぱっくり割れがクセになってしまっています。水回りの作業も多い仕事なのですが、何かよい方法ってありますか?

A水回り作業が終わったあとにハンドクリームでは遅いです。作業前のひと手間で手を乾燥から守りましょう。

catch_icn_a03ハンドクリームは水回り仕事終わりに塗るだけでは足りません。アカギレのようなひどい乾燥の場合、水回りの作業の前に塗ることが大切。水仕事前に塗ることで、皮膚の角質層にバリアができ、水やほこりから手を守ることができます。はっ水効果が高いものだと、水にも溶けにくく水に塗れても手がぬるぬるしにくいです。先にハンドクリームを塗り、そのあと手袋をしてから水回りの仕事をすることで、手を洗剤や油などから守れます。

食器を洗うときはお湯より水を選ぶ

食器を洗う際、油っこい食器などはお湯で油を溶かすと洗いやすいですよね。でも、それは手も同じ。熱いお湯で食器を洗うと、手の脂まで溶かしてしまい、より乾燥しやすくなってしまうので要注意。また食器用洗剤はどんなものを選んでいますか。手がアカギレのようになり、肌が弱っている人の場合、界面活性剤の配合が少ない洗剤を選びましょう。界面活性剤とは、水と油をくっつける働きがあり、油性の汚れを落とすには必要な成分であり、一概に悪いものではありません。ですが、敏感肌やアレルギーのある方はなるべく触れない方がいいので、手袋をつけて界面活性剤を直接手で触れるのを避ける、またはもともと配合量の少ないものを選ぶのがいいでしょう。

エアータオルとタオルオフならどっちがおすすめ?

答えは断然、タオルオフです。エアータオルとは、トイレなどに設置されている暖かい風で水をとばしてくれる機械のことです。これは水気をとばしてくれますが、風で乾かす際に肌の水分まで奪ってしまいます。手を拭くときは、ハンカチを持ち歩いてしっかり水気をとりましょう!

新刊「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」でもご紹介しています!
http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

手にも顔とローション同様パックを!~お手軽なティッシュパックの作り方~

ここまでケアをしても乾燥が激しいときは、手にも顔と同様ローションパックをするのがおすすめ。

STEP1)

0205pack1
手の甲にティッシュを乗せて、しずくが滴るほどたっぷりミストタイプの化粧水を吹き付け染み込ませます。

STEP2)

0205pac2
ある程度、濡れて、手にぴったりくっついてきたところでティッシュを指の間でカット。

STEP3)

0205pac3
ティッシュを指の間にきれいにまきつけ、指と指の間の谷の部分もしっかり入れ込み、全体がパックされている状態をつくります。

STEP4)

0205
この上からビニール袋をかぶせて手首をゴムで留めて、3分くらいパックをするとさらにしっとりします。
パックの後は、関節をしっかり伸ばした状態で、ハンドクリームを塗りこんで完成!

賢人のまとめ

なるべくお湯は使わない、ハンカチを持ち歩くなど、ちょっとした工夫で手の乾燥は防げます!

賢人プロフィール

オフィス美容の賢人小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行なっている。
著書に『レディのルール』『コスメのプロが毎朝、実践する 1分メイク& 1分スキンケア』など。
小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/
「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/