ビューティー&ヘルス 最近暑くて暑くて、毎日汗が気になります。特ににおいが気になります・・・。市販のデオドラントものや、脇汗パットも使っていますが肌が弱くて、使いやすいものがありません。

Aまずは食生活の改善から!汗をかいても、臭いにくい体質になる。

体臭の原因は遺伝性や汗腺の問題などさまざまありますが、普段の生活習慣がより臭いが強くなりやすい体質を作っている可能性があります。ジャンクフードや肉などの動物性脂肪、中性脂肪の多い食事は汗を出す汗腺を刺激し、より強い臭いを発生させやすくします。
まずは汗をかいても臭いくい体質になるために、ビタミンを多く取りましょう。ビタミンは肌の新陳代謝をあげ、腋臭の原因である過酸化脂質を抑える効果が期待できます。油が少なく、ビタミンの豊富な野菜や魚、海草など、緑黄色野菜に含まれるビタミンA、胚芽やゴマに含まれるビタミンEを多く摂取し、バランスのとれた食事を心がけましょう。

汗の種類と水分の関係
汗を分泌する汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。2種類とも同じ汗腺ですが、水分量や含まれる成分に違いがあります。
エクリン汗腺は、99%が水分で残りの1%が塩分で構成されており、無色透明で生命維持にかかせない体温調整の役割を果たしています。もう一つのアポクリン汗腺は、脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、尿素、アンモニアなどで構成されており、汗をかいて嫌な臭いを発生させるのはおもに、このアポクリン汗腺が原因です。
汗をかかないようにするために、水分を取らない人がいますが、水を摂らないと途端に体内の代謝が悪くなって出てくる汗がどろっとした臭いの強いものになります。水はできれば1日2リットルを飲みましょう。体内で水分が不足すると、汗をかいたときの汗の成分が濃くなり、臭いが強くなります。

汗をかいてしまった後、臭わないようにするには?!
汗をかいた後、使うコスメと言えば、デオドラントスプレーをイメージされる方が多いのではないでしょうか? しかし、実際は、汗をかく前に使うのが効果的。汗腺にパウダーが入り、汗をかきにくくしてくれるアイテムなのです。

では、汗をかいてしまった後は何を使えばいいかというと、汗ふきシート+ロールオンタイプの制汗剤がおすすめ。汗ふきシートで、汗自体を拭き取ることで、菌の餌となるものを取り除くことができます。ただ、この暑い時期だと、ふいてもふいても出てきてしまいます。そんなときは、ロールオンタイプ。しっかりアルコール消毒できるので、多少汗をかいても臭わず清潔な状態を保てます。

01
シートタイプの中でもクール感が持続して、ふいた後も汗が出にくかったもの
マンダム ボディシート 爽快アイスダウン クールミントの香り

 

 

02

ロールオンタイプでキャップよりボトルが細く、持ち運びに便利なもの
8×4 ロールオン せっけん 45mL

 

1 2