ビューティー&ヘルス 夏はべたつきやテカリが気になるので、冬のように念入りなお手入れはしていません。そのせいか、最近肌の乾燥が気になります。夏でもできる手軽でおすすめの保湿方法を教えてください。

AA 手軽なコットンパックで肌に潤いを与え、乳液やクリームで潤いをキープすることをおすすめです。

コットンパックをおすすめするには理由があります!

コットンは、しっかり水に浸すと必ず一定の量を吸収します。

したがって、化粧水の成分を肌のすみずみまで均一に行き届かせることが出来るのです。

ただし、肌に強く押し付けると、摩擦による刺激で肌が傷ついてしまうので、注意が必要です。

美肌を保つためには毎日のパックが効果的なので、ぜひ、やってみてください。

 

パックに使う化粧水を節約したい人は、精製水をコットンに加えましょう。

毎日をパックすると、化粧水の減りも必然的に早くなってします。

化粧水を節約したい人は、コットンに精製水をたっぷり浸した後、軽くしぼり、肌に触れる面にだけ化粧水をたらすと良いです。

 パック 

 

精製水の代わりに使うのは水道水よりもミネラルウォーターがおすすめ。

精製水を水道水で代用する人がいるかもしれません。

しかし、水道水には肌の乾燥を促進させる物質が含まれている場合があり、あらゆる肌トラブルを引き起こす可能性があるのでおすすめしません。

精製水の代わりは、水道水ではなくミネラルウォーターを使いましょう。

 

 

コットンパックは最長2分まで!

コットンパックは、時間が経つと水分が蒸発して、次第に乾いてしまいます。

水は水分の少ない方に移動する性質があるため、乾いたコットンを肌にのせたままにすると、せっかく肌に取り入れた水分がコットンへと逆戻りしてしまうのです。

パック時間は1〜2分を目安にコットンが乾く前にはずしましょう。

 

 

1 2