ビューティー&ヘルス 【コロナで眠れないあなたへ】生活のリズムを変えないほうが、人生がうまくいく!起床の5つのルール

今ほど家族といっしょにいられる時間はないかもしれない

外出が制限され、運動不足になりがちです。

体と心と脳がほどよくリラックスしていると、心地よい睡眠につながるのですが、今のように心と脳は疲れていても、体が疲れていないと快適な睡眠が誘われない可能性があります。

家の中でできる運動は限られてはきますが、YouTubeでヨガレッスンが見られたり、ダイエットエクササイズの動画が配信されたりしています。こうした配信サービスを利用して、この機会にヨガやダンスを始めてみるのもいいかもしれません。今まで興味はあったけれどなかなかできなかったこと、始めてみるチャンスですよね!

また、お子さんがいらっしゃるならWiiのような体を動かせるゲーム機を買ってあげてもいかもしれません。親子で楽しめるゲームもたくさんありますし、子どもと一緒に体を動かすと良い運動になります。

ゲーム機にはまだ早いお子さん向けには、室内用のジャングルジム、トランポリンなどを検討されてはいかがでしょうか。子どもたちにとっても遊び足りずにつらい時期だと思います。室内遊具がない場合はお馬さんごっこをしたり、新聞紙で作ったチャンバラごっこをしたりして、意識的に体を動かすことがストレス発散のためにも望ましいです。

暗いニュースに浸るのではなく、前向きにできることを見つけることが、今私たちにいちばん求められているのかもしれません。私は個人的には、家族がこれほど毎日いっしょにいられる時はもうないかもしれないと思い、この時間を大切にしたいと思っています。

最後に、生活リズムをくずさない=質のよい睡眠を得るために、起床のルールをまとめておきます。

1.起床時間はこれまでと同じにしましょう。

2.起きたら窓辺で朝の光を15秒間、浴びましょう(晴れの日も雨の日も!)

3.水で顔を洗いましょう。

4.コップ1杯のミネラルウォーターを飲みましょう。

5.起床1時間以内に朝ごはんを食べましょう(卵や納豆などタンパク質を含んだ食材を忘れずに)。

不安で眠れない、眠ってもすぐ目が覚めるという方、ぜひ、上のルールを続けてみてください。

テレワーク中でもいつもと同じ時間に起きる。これが鉄則。

賢人のまとめ

テレワークや外出自粛で生活時間がくずれがちですが、まず起床時間を一定にすることを心がけましょう。お休みの日もいつも時間プラス1〜2時間の寝坊に。今は先が見えずにつらい時期ですが、新しいことに挑戦してみたり、家族とゆっくり時間を過ごしたり。今までできなかったこともできる時期と考えることもできます。朝はいつものように起きて、新たな気持ちで1日を始めましょう。

1 2