ビューティー&ヘルス 【眠れないあなたへ】 朝ごはんを変えるだけで、快眠はGETできる!

眠りたいのに眠れないあなた。「ちょっとした」術を使うだけで眠れるようになります。

睡眠習慣を変えることで人生も変えた—-、現在、睡眠コンサルタントとして活躍する友野なおさんの睡眠術講座が始まります。第1回は食事術、その朝食編です。

☆☆☆

食事をする時間と内容によっても眠りの質が変わってきます。夜遅い時間にお菓子を食べないのは常識ですが、そのほかにも、ぐっすり眠るための食事術がたくさん。まずは朝食から見直してみましょう。

 

朝食は起床1時間以内に食べる

今晩、ぐっすり眠れるかどうか。そのカギを握るのは朝食。というと驚きますか? 近年、食事時間と健康の相関関係についての研究が進み、快眠につながる食事時間もわかってきました。

 朝食は、起きてから1時間以内に食べましょう。夜、寝ている間にも体や脳は働き続けているので、朝にはガス欠状態になっています。起きてから1時間以内に食事することで、「腹時計」にスイッチが入り、体が覚醒するのです。人の体は朝、光を浴びることで目覚めますが、腹時計にスイッチを入れることも大切です。

 

一杯の水も忘れずに

朝起きたら水を一杯飲むことも忘れないでください。水分は、呼吸するだけでも消費されていきますが、寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれています。朝、起きた時、体はカラカラに乾いている砂漠のような状態なのです。

一杯の水は、体の細胞がシャキッと目覚めさせます。朝は体がデトックスモードになっているので、老廃物を流し出すためにも朝の水分補給は必要です。体は自然な水分を欲しているので、朝の初めの一杯はコーヒーや紅茶でなく、ミネラルウォーターにしましょう。

 

1 2