ビューティー&ヘルス 【眠れないあなたへ】眠れる最強夕食メニューはネバネバ○○+刻みネギ!?

前回は、快眠のための朝食術をご紹介しました。つづいて昼食と夕食のちょっとしたコツをお話しします。

昼食は午後1時までに。ダイエット中の人こそしっかり食べて

 時間栄養学から導き出された昼食時間は午後1時まで。朝食の時間が何時であろうと、昼食は午後1時までに食べましょう。

 昼食は量をセーブする必要はありません。昼間は代謝がいいので、たくさん食べてもカロリーが消費されていくからです。主食のごはん、パン、パスタなどの糖分も、ここでしっかり補給しておきましょう。午後の仕事のパワーにもなります。

 ダイエット中の人こそ昼食をしっかり食べることをおすすめします。デザートも昼間に食べるなら、それほど気にしなくていいのです。「3時のおやつ」も体にとってはちょうどいい糖分補給で、理にかなっているといえます。昼間にしっかり食べておくことで、夕食を少なめにすることができます。食べたいのをがまんしていると、ストレスがたまって、ますます食べたくなってしまいますからね。

 時間がない夕飯は2回に分けて

むずかしいのは夕食です。午後6時ぐらいに食べるのが理想ですが、まだ仕事中の方も多いでしょう。働く女性の多くが夜の8時以降に夕食を食べています。

そこで、夕食は2回に分けることをおすすめします。午後6時ごろに1回。タンパク質を含んだ食事をサッと取ります。そして仕事が終わったあとのリラックスした時間に2回目。これは軽い夜食です。春雨スープやミネストローネなど、あたたかくて消化のよいものがいいでしょう。脂肪分やタンパク質の少ないものがおすすめです。

夕食は本来、たくさん食べる必要はありません。体は眠りに向かって準備を始めていますから。昼食をしっかり食べ、夕食は軽く済ませる。この習慣を身につければ、ダイエットも快眠も成功するはずです。

1 2