ビューティー&ヘルス 【眠れないあなたへ】超簡単!眠りにつながるリラックス法、筋弛緩法

睡眠にまつわるお悩みは、十人十色。いろいろなお悩みがあるようです。

「いつもなかなか眠れません。ところがこの前、寝る前にうちの会社の“社則”を読んでみたら不思議とすぐ眠くなりました。寝る前のルーティンとして、このようなあまり興味がないというか、重要でないというか、そういうものを読むというのもアリでしょうか?(珠美さん・26歳)というご質問です。友野なおさんに聞いてみましょう!

“社則”を読んで眠くなるはアリ

誰しも1度は、「眠れない夜」を経験したことがあると思います。実際、これまでにも「眠れない夜、どうしたらいいか?」という相談を数多く受けてきました。中には、就床してから5時間も眠れないと悩んでいる方も。ストレスフルで忙しい現代において、多くの人にとって非常に深刻な悩みのひとつになっているのです。

「眠れる体質」に生まれ変わる手段として有効なのが、入眠儀式を行なうこと。入眠儀式とは「眠るための条件づけ」のようなもので、「これをすれば眠れる」という自分なりの行ないを習慣づけることをいいます。就寝前に毎日同じ行ないを淡々と繰り返し行うことで、脳と体に自動的に眠りのスイッチを入れるというおまじないのような習慣です。

では、何を入眠儀式にすればいいのでしょうか?人それぞれで、特に決まりはありません。パジャマに着替える、ストレッチをする、アロマを焚くなど、何でもかまいません。あなたが「これなら続けられる」と思えることであればいいのです。

ただし、テレビやパソコン、スマホなど光が目に入るような行為や、激しい運動や音楽は覚醒を促すので入眠儀式としてはふさわしくありませんので、注意しましょう。好きなアロマを焚く、音楽を聴く、軽いストレッチをするなどでもいいでしょう。洗濯物をたたむ、タオルをたたむ、などの単調な作業もおすすめです。

寝る前の読書はとてもおすすめですが、ハラハラドキドキする内容だと、かえって頭が覚醒してしまいます。また、長編の小説も結末が気になって読みつづけてしまい、気がついたら就寝時間を過ぎていた!なんていうことになりかねませんから、気をつけてくださいね。

1 2