ビューティー&ヘルス 【眠れないあなたへ】夜中に目が覚めてから眠れない……中途覚醒したときの眠り方

「最近、夜中にトイレに起きて、その後なかなか眠れないことが多いです。すぐ眠れるときもありますが、そのまま明け方まで眠れないこともあります。外が明るくなってくると焦ってしまいます。夜中に目が覚めてしまったときの対処法を教えてください!」(幸恵さん・事務職・33歳)

春のせいなのか、夜中に目覚めてしまう人が増えています。睡眠コンサルタントの友野なおさんに聞いてみました。

ホルモンバランスと睡眠は関係あり

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒は、年齢とともに増える傾向があります。中途覚醒を起こしてもすぐに眠れるようであれば大きな問題ではないのですが、再入眠までに時間がかかるようであれば対策がマストです。

まず寝具環境を点検してみましょう。ベッドが硬すぎたり柔らかすぎたり、布団が重すぎたりしていませんか?パジャマを着て寝ていますか?ルームウェアやスウェットパンツで寝ていませんか?眠りづらい環境は中途覚醒につながる可能性が高いため、寝具を含めた快眠のための環境づくりはとても大切です。

強いストレスも原因になりえます。特に春は職場や住居をはじめ、身のまわりの環境の変化が大きい季節。知らず知らずのうちに緊張して、ストレスになっていることも少なくありません。

さらに春は花粉症の季節。アレルギー性鼻炎のせいで鼻がつまり寝にくくなることもありますね。昨今の花粉症はスギに始まり、ヒノキ、ブタクサなど、ほとんど通年になりつつあります。睡眠の質を下げないためにも、空気清浄機を使うなどの対策は必須といえるでしょう。

また、ホルモンバランスも影響します。例えば、女性の生理の有無が睡眠の質に影響を与えることが明らかになっています。ホルモンバランス以外にも、PMSが強く出る女性の場合は、その症状から眠りが妨げられることも。

寝酒も原因になります。寝酒をするとたしかに入眠しやすくはなりますが、中途覚醒の原因になってしまい、睡眠の質を下げてしまうことが明らかになっているのでNGな習慣です。

1 2