ビューティー&ヘルス 朝起きると首と肩がこわばった感じになっています。普段使っているまくらが合わないような気がするので新しいものに替えようと思い、先日お店でいろいとみたのですが、たくさんあってよくわかりませんでした。どんなまくらを選べばいいのでしょうか?S・Hさん(31歳・会社員)

A仰向けで寝やすいまくらがおすすめです。

一般的にまくらを選ぶ時には

①寝やすいか?
②首や肩が凝らないか?

などを優先しがちですが、これだけでは不十分です。これらと同時に、

③良い姿勢で寝られるか?

も考えなければなりません。
具体的に言うと、首のカーブを正しくしてくれたり、保持してくれたりする機能のあるまくらです。その上で、①や②も満たしてくれるものを選びましょう。そして、睡眠中の70%が仰向けでいられるまくらが身体にとってベストチョイスです!

最近では低反発素材のまくらも多く開発されていますが、これは、首に正しいカーブがある人や、逆に極端にカーブが強い方以外は使用を避けた方がいいと思います。なぜならオフィスで働く女性の大半がストレートネック状態(カーブがないか、もしくは逆カーブ)になっているからです(ストレートネックについてはこの相談例を参考にしてください)。

また、まくら選びの際には、布団にも注意しましょう。布団が極端に柔らかかったり、低反発素材のマットなどを使用した場合には、せっかくの身体に合うまくらも合わないまくらと勘違いしてしまうからです。実は、患者さんと接しているとこの布団との兼ね合いには気が付いていない方が多いのです。布団とまくらの関係にも注意してください。

最後に、ひとつ重要なのが、ご自分の姿勢の状態です。例えば、歩いていていつもスカートが一周してしまう方などは、身体が捻じれているのでよい姿勢で寝られないため、まくら自体を変える前に身体のメンテナンスが必要かもしれません。

なお、まくら選びのひとつのヒントとして参考にしていただきたいのが、先ほどの3つの条件をクリアしたまくらを作りたいという願いを形にした「博士まくら」です(写真参照)。理想のまくらにたどり着くまでに試行錯誤を繰り返して作ったものなので自信を持っておすすめいたします。

131021kata1

131021kata2http://www.kizuchiro.com/hakase_makura/

賢人のまとめ

一般的にまくらを選ぶ時には ①寝やすいか? ②首や肩が凝らないか? だけでなく ③良い姿勢(睡眠中の70%が仰向け)で寝られるか? を考えること。首のカーブを正しくしてくれたり、保持してくれたりする機能のあるまくらがオススメです。