ビューティー&ヘルス スポーツの秋ということで張り切って運動をしたら全身筋肉痛に。身体がとにかく痛くて仕事にも集中できません。冷やした方がいい? それとも温める? 他にどんなケアをしたらいいのでしょうか? (K.Nさん/20代・公務員)

A重い痛みは温めて、鋭い痛みは冷やすのがベスト。筋肉痛の場所は放置せず低刺激で20~30秒ずつストレッチをしたり、マッサージをするなどでほぐしてあげましょう。

昔はこんなことでは筋肉痛にならなかったのに・・・・・・なんてこと、よくありますよね!? 悲しいことに、筋肉は使っていないとすぐに衰えてしまうものなんです。でも大丈夫! 動かし続けることでまた筋肉の機能は向上していくものです。数回運動を続ければ筋肉痛にならない身体が手に入るはずですよ。

では、まずは筋肉痛について。筋肉痛は運動などによって、筋肉の細かい筋繊維(細胞)に傷ができることで起こるもの。その傷の度合いによって、温めた方がいいか、冷やしたらいいかが決まります。

1126no1まずあなたの痛みをチェックしましょう。ずっしりとした重い痛みのときは、温めて血流をよくします。痛いからといって放置するのではなく、刺激量は少なめでほぐしてあげると効果的です。マッサージだけでなくストレッチも効果大。無理やり伸ばすのではなく、気持ちがいい程度でゆったり行いましょう。目安としては静的ストレッチ(筋肉を伸ばすストレッチ)を20~30秒ずつ、使った筋肉を伸ばしてください。

続いて、鋭い痛みがある筋肉痛の場合。筋肉が大きく損傷し、出血してはれてしまっている場合も考えられます。そこで温めてしまうと血流がよくなり逆効果。そういった場合は冷やすといいでしょう。そして痛みがひどい場合は医療機関を受診することがおすすめです。

▼筋肉痛っていいこと? 次ページでおすすめ筋トレ方法をチェック!

1 2