ビューティー&ヘルス 先日ひさしぶりにスノーボードに行ったら激しく転んで腰痛に! 骨は動かせるので骨折ではないと思いますが数日経った今も痛みが取れないのです。安静にしておけば大丈夫でしょうか?S.Mさん(33歳 販売員)

応急処置の“RICE”の処置法で安静を心がけて!

捻挫、打撲など、スポーツでよく起こるケガに対応できる応急処置法がRICEの処置法。痛みや腫れがひどくなるのを防ぎ、治りも早くなると言われています。ただしこれはあくまでも応急処置であり治療ではないので、受診することが大前提。自分の判断で行うと悪化する可能性があるので危険です。また、冷やしすぎ、圧迫しすぎなど、RICEのやりすぎにも注意! あくまでも応急処置です。

STEP1>R:Rest(安静)
ケガをしたときは無理に動かしたり、体重をかけないように、とにかく患部を動かさないように、安静を心がけましょう。自分がラクな姿勢を見つけるといいでしょう。

STEP2>I:Ice(冷却)
痛みを軽くし、内出血や炎症を抑えるために、患部やその周りを氷で冷やしましょう。冷やしすぎによる凍傷に注意。直接氷をあてずに、タオルで包むなどの工夫を心がけてください。

STEP3>C:Compression(圧迫)
出血や腫れを防ぐために圧迫をしましょう。腰など圧迫しにくい場所にはサポーターやコルセットを使うのがおすすめ。一般的な応急処置の場合は、患部にパッドなどをあてて弾性包帯やテープで強く巻く方法があります。ただし圧迫しすぎに注意。 圧迫している部位から先の手、足の指の色や感覚をチェックして圧迫の強さを確認しましょう。

STEP4>E:Elevation(挙上)
患部を持ち上げる処置。ケガをしたところを、できるだけ自分の心臓よりも高い所に持ち上げ、内出血を防ぎ、痛みを軽減させます。クッションやまくら、椅子など、手頃な高さのものを探して患部を乗せておきましょう。

賢人のまとめ

打撲、転倒などで痛みを感じたらまずは安静に。痛みが強い、もしくは継続する場合はすぐに受診しましょう。骨に異常がないか、骨盤や股関節にゆがみはないかを確認し、問題がなければ、痛みが弱まるまでは安静にすること。痛みがなくなったらストレッチやマッサージ等でリハビリをしましょう。

1 2