ビューティー&ヘルス 補正効果がある下着って効果ありますか? 毎日履いてしまっているのですが・・・K.Iさん(30歳 会社員)

A本来、補正下着は、弱くなった筋肉の機能をサポートし、修復を促すために使うもの。筋肉本来の機能を高めるためには、痛みがある場合や特に引き締めて見せたいときなどに一時的に使用するのがおすすめ。

ガードルやコルセットなどの補正下着は、腹圧などの圧迫を加えることで、骨盤を安定させ、筋肉を補助する働きがあります。つまり履いているだけで、筋肉を使っている(刺激を与えている)ような感覚を与えるので、痛みを和らげたり、引き締めることができるのです。

しかし一方で、実際には筋肉を使っていないのに、筋肉を使っている感覚を与えてしまうため、自分の筋肉を使わなくなる危険があります。ガードルを履く習慣がある人は、その状態に筋肉が慣れてしまっているため、ガードルを履かないと落ち着かなくなってしまうのです。

0603youtu1本来、ウエスト周りには腹横筋と呼ばれる筋肉が身体を支え、ウエストを引き締めていて、これが天然のコルセット機能を担っています。しかし筋肉が衰えることで身体をサポートしきれなくなると、自分の持つコルセットでは足りず、ガードルやコルセットなどの補正下着に頼りたくなってしまうのです。

そこで私は補正下着は日常的に使い続けるのではなく、痛みが強い時や一時的によく見せたいときなどに使うといいと思っています。できれば自分の筋力に頼るのがベスト。本当なら補正下着に頼る前に、腹横筋を鍛えて、自分の天然コルセットを強化しておくことがおすすめです。腹式呼吸をしたり、腹筋を鍛えるエクササイズがおすすめ。ちなみに以前ご紹介した1日5分でできる腹横筋トレーニングもあるのでよろしければこちらもチェックしてみてください!

▼ウエストがゴムのスカートやワンピースって太りやすいって本当?

1 2