ビューティー&ヘルス 自分に自信がなく、会議やプレゼンは不安ばかり。もっと自信を持つ方法はある?(後編)(27歳・メーカー勤務)

「自分に自信がなく、社内でのプレゼンも、会議での発言もドキドキしてしまって不安で仕方ない」というメーカー勤務の27歳の女性の悩み。私も同じ!と思った人も多いのでは? 

その解決法として、まずは「自信がある人」と「自信がない人」の違いについて考えることが大切。そこから自分の自信が生まれるヒントが見えてくると言うのです。

考えるポイントは3つ。
1.自信に必要なものは何か?
2.自信の背景にあるものとは何か?
3.「自信がある」と思える人と「自信が無い」と思える人の印象の違いは?

前編ではそのうちの2つ、「自信に必要なものは何か?」「自信の背景にあるものとは何か?」を考えてみました。そして、実は自信を得るために必要なものは、学歴や容姿、会社の規模といった持ち物ではなく、意識。「自信」というのは、自分を信じることであり、自分を肯定できる部分をあげ、そんな自分を信頼してあげることが大切であることがわかりました。

そこで後編では「「自信がある」と思える人と「自信が無い」と思える人の印象の違いは?」について考えていきましょう。

 ★「自信に必要なものは何か?」「自信の背景にあるものとは何か?」は(前編)でチェック!

jishin1

自信のあり・なしは、表情や姿勢で大きく変わるとか…

<悩み>
自分に自信がありません。
そこそこの大学を出て、まあまあの企業に就職し、社内での評価もほどほど。いわゆるいい人に見られるタイプなので人からの信頼も厚いと思うのですが、本当に自分がやっていることに自信が持てないのです。
与えられた課題を提出するときも「こんなんで大丈夫だろうか」と思ってしまうし、社内でのプレゼンもいつ誰から質問がくるかと思うとドキドキ。会議などでも発言はできないし、声も小さくいつも聞き返されてしまいます。
もっと自分に自信を持つ方法ってありますか?

松山先生からの“ココロの処方箋”はコチラ >>>

1 2