ビューティー&ヘルス 後輩からの相談に正直に答えたら彼女を傷つけてしまった…うまく他人の相談に乗る方法ってある!?(28歳・看護師)

何事にもポジティブで、自分にも他人にも正直に生きることはとてもいい事。サバサバした姉御肌な性格の人は、他人から信頼され、慕われることも多いですよね!? でも時に人を傷つけてしまうこともあるようで……今回は、そんな女性からの相談。「相手を傷つけずに上手に他人の相談に乗る方法ってある?」と言う28歳看護師の女性の悩みです。

臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチの松山真己さんは「親身に答えたつもりが逆に傷つけてしまったのは、相手との思考や行動パターン、価値観のズレなどから起こったもの」とアドバイス。では果たして、そのズレを生じさせない答え方とは? 

 <悩み>
 「私はサバサバした性格でポジティブ思考。わりと誰とでもすぐ打ち解けることができるタイプです。姉御肌なので後輩や友人から相談を受けることも多いのですが、実は正直なことを言い過ぎて人を傷つけてしまうことも。

先日相談を受けた後輩に、ズバリとアドバイスをしたら、後で他の人からその後輩が実は傷ついていたことを聞きました。それを聞いてとても落ち込みました。 

私なりに意見をちゃんと伝え、ホンネを伝えるようにしていたのに、他人の相談に乗るのが怖くなってしまいました。上手に他人の相談に乗る方法ってありますか?」

0226mental

後輩からの相談、ホンネで答えるときは言い方に注意してみては!?

松山先生からの“ココロの処方箋”はコチラ >>>

1 2