ビューティー&ヘルス 【女子メンタル】彼が好きすぎて仕事に集中できない…恋愛と仕事の両立がしたい!(後編)

「やる気スウィッチ」をオンにし、「モチベーション」を上げる方法

1.動く

モチベーション(motivation)の語源はラテン語のmovereと言われています。これと同じ語源を持つ単語はmove(動かす)、つまりモチベーションには、「動く」ということが深く関わってくるといえます。
まずは、動くこと! 5分間だけタイマーをかけて、その時だけは何も考えずに淡々と作業をしてみましょう。5分経って、まだ出来そうならもう5分タイマーをかけて作業をしてみてください。すぐに仕事や勉強がムリなら、身体を動かすだけでもいいですよ。軽い運動でもしてみましょう。心理学的には「作業興奮」といって、やる気が無くてもまずやってみること、作業を始めることで、だんだん気分が載ってくるというものなんです。

2.音楽を聴く

音楽を聴くことは、快感に関係する脳内ホルモンである「ドーパミン」の分泌につながります。ドーパミンは前頭連合野に働きかけて集中力や思考力を向上させ、やる気のアップにつながるのです。先に「快楽」と「やる気」というのは同じ脳部位から発せられていると記述しましたよね。選曲は、作業効率の上がりそうな少しアップテンポのものがいいでしょう。

3.ご褒美を与える

物理的報酬というのは、外発的なモチベーションにつながりますが、これは自分に対してのご褒美です。これだけ頑張ったら、好きな人の写真が観られるとか、そのあと美味しいものを食べるとか、幸せが感じられることを用意しておくのです。こういったオンオフの切り替えは脳を活性化させる効果があります。

4.休む

夜はリラックスして、脳を休ませることが重要です。深い眠りであるノンレム睡眠をしっかりとることで、副交感神経が優位になり脳を休ませることができます。起床は毎朝決まった時間にしましょう。太陽の光を浴びて目覚める環境がベストです。
光は「やる気スウィッチ」に大きな関わりがあるのです。太陽の光を浴びると、脳が「今は活動する時間だ」と感じて脳内ホルモン(神経伝達物質)のセロトニンを分泌してくれます。これが日中のやる気につながるのです。

まずはできるところから始めましょう! 相談者さんはもともと集中力がある人なので、モチベーションが上がれば、いろいろなことを両立して取り組むことができるはずですよ。

■「彼が好きすぎて仕事に集中できない…恋愛と仕事の両立がしたい!(前編)」の内容はこちら

 

賢人のまとめ

モチベーションを上げるために必要なことは4つ。まずやる気がなくても「動く」。そして「音楽を聴く」ことでドーパミンの分泌を促進。「ご褒美を与える」ことで脳を活性化。そして昼間は太陽の光を浴び、夜はしっかり「休む」。このメリハリが日中のやる気につながるのです。

1 2

賢人プロフィール

女子メンタルの賢人松山真己

臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ
個人や企業へのカウンセリング、コミュニケーション教育、各種セミナーなど。
心の多面性を見つめながら「心の健康と美」を育んでいくカウンセリングには、経営者や専門家、アーティストなどのクライエントも多い。
また、TV雑誌等でのコメントや心理テストの作成分析などにも多く携わっている。
http://www.calix.jp ( 心の健康と美の研究所Calix/株式会社CIELO )